IIJとマイクロソフト、クラウド向けサービス提供で協業 | RBB TODAY

IIJとマイクロソフト、クラウド向けサービス提供で協業

エンタープライズ その他

IIJ GIOサイト(画像)
  • IIJ GIOサイト(画像)
 インターネットイニシアティブ(IIJ)は27日、マイクロソフトとクラウド向けサービス提供で協業、マイクロソフトの仮想化テクノロジー「Hyper-V」などのプラットフォーム製品群を活用したサービスを提供すると発表した。

 マイクロソフトの仮想化テクノロジー「Hyper-V」などのプラットフォーム製品群を、IIJのクラウドサービス基盤「IIJ GIO(ジオ)」に活用し、Windows Server環境に特化したプラットフォームサービスとして2010年5月より提供を開始する。

 このサービスは、サーバ構築の手間をかけることなく、各企業の個別のニーズに応じて必要なサーバリソース(CPU、メモリ、ディスク)を選択し、柔軟なクラウド環境を構築可能にするサービスとなる。マイクロソフトの仮想化テクノロジー「Hyper-V」および運用管理ソフト「System Center」などから構成されるクラウド コンピューティング向けデータセンター構築ツール「Dynamic Datacenter Tool kit」を活用し、「IIJ GIO」のクラウドプラットフォームと連携させる。

 本サービスにより、企業は、現在利用しているWindows Server対応アプリケーションをそのままクラウド上で利用することが可能となる見込みだ。本サービスの提供にあたり、マイクロソフトは、ソフトウェア パートナー各社と協力し、各種アプリケーションの動作検証を実施し、企業の円滑なクラウド移行を支援する。また、両社は共同でのマーケティング活動を2009年11月より実施する。IIJは、サービス開始から3年間で、サーバ4,000台規模の販売を目標とするとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top