「Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2008 R2」提供開始 | RBB TODAY

「Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2008 R2」提供開始

 マイクロソフトは29日、「Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2008 R2(VMM 2008 R2)」を10月1日より提供開始することを発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
 マイクロソフトは29日、「Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2008 R2(VMM 2008 R2)」を10月1日より提供開始することを発表した。

 「VMM 2008 R2」は、「Hyper-V 2.0」をベースとした仮想化環境やプライベートクラウド、Live Migrationなどの仮想化機能、VDI(仮想デスクトップインフラストラクチャ)におけるクライアントオペレーティングシステム(OS)の管理など、各種システム基盤の一元的な運用管理を可能にする製品。参考価格は168,000円(税抜参考価格、VMM 2008 R2エンタープライズ サーバMLをOpen Businessで購入した場合)。

 あわせて、VMM 2008 R2を含む大規模データセンター向け統合ライセンス「Core Infrastructure Server Suite(CIS)」と、VDI向け統合ライセンス「Virtual Desktop Infrastructure Suite(VDI Suite)」についても、同日より提供を開始し、需要が高まる大規模データセンターとVDI需要に対応するとのこと。CISは、Windows Server OSに、運用管理製品System Center Server Suiteおよびセキュリティ製品Forefront Client Securityのライセンス体系を統一したデータセンター構築向けの統合ライセンス。VDI SuiteはVDIおよびターミナルサービスを強化したRemote Desktop Serviceのシステムの運用管理、構築を支援する統合ライセンスとなる。いずれも個別に購入する場合に比べ、ライセンスコストを約20〜25%削減することが可能。

 また、今回の運用管理製品群の最新版提供にあわせて、パートナー企業各社より、VMM 2008 R2あるいはすでに提供済みの「Microsoft System Center Operations Manager 2007 R2(OpsMgr 2007 R2)」との間で双方向の運用管理情報の通信を行うコネクタや運用管理製品が順次提供される予定となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top