パナソニック、世界初となるブルーレイ/HDD内蔵CATVセットトップボックス3機種を発売 | RBB TODAY

パナソニック、世界初となるブルーレイ/HDD内蔵CATVセットトップボックス3機種を発売

 パナソニックは9日、録画可能なブルーレイディスクドライブと500 GBのハードディスクを内蔵したCATVセットトップボックス「TZ-BDW900シリーズ」を発表した。

エンタープライズ ハードウェア
「TZ-BDW900シリーズ」(写真はTZ-BDW900M)
  • 「TZ-BDW900シリーズ」(写真はTZ-BDW900M)
  • STBとして、世界ではじめてBlu-rayドライブを搭載
  • 録画時間一覧
 パナソニックは9日、CATVデジタルセットトップボックスの新ラインナップとして、世界で初めて、録画可能なブルーレイディスクドライブと500 GBのハードディスクを内蔵したCATVセットトップボックス「TZ-BDW900シリーズ」を発表した。

 「TZ-BDW900M」「TZ-BDW900F」「TZ-BDW900P」の3機種をケーブルテレビ事業者向けに2009年12月より発売するもの。全国のケーブル局加入者のニーズは、多様化が進んでおり、CATVセットトップボックス(STB)についても、さらなる高機能化が要望されている。TZ-BDW900シリーズは、従来の多チャンネル映像受信に加え、高速インターネットを通してIP動画などを受信できる機能、受信した映像を蓄積するホームサーバ機能、ホームサーバのコンテンツを部屋間で共有するホームネットワーク機能、家電機器との連携機能、モバイル機器との連携機能など、次世代機能に対応したセットトップボックスとなっている。

 容量500GBのHDDに加え、録画もできるブルーレイディスクドライブを搭載。H.264エンコードによる録画で「フルハイビジョン8倍録画」に対応し、500GBのHDDに約360時間、50GBのブルーレイディスクに約35時間、4.7GBのDVDに約3時間15分のフルハイビジョン録画が可能となっている。またすでに発売を開始している、TZ-DCH9000シリーズの機能に加え、あらたに内蔵HDDに録画した放送(地上デジタル、BS、CATV)をSDカードに書き出して、持ち出すことが可能な「番組持ち出し」機能を搭載、さらに「YouTube」「アクトビラ ビデオ・フル/ダウンロードサービス」に対応する。「DLNA」「ビエラリンク」にも対応する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top