ソニー、世界初の自動位相マッチング技術「APM」を搭載したマルチチャンネルインテグレートアンプ「TA-DA5500ES」 | RBB TODAY

ソニー、世界初の自動位相マッチング技術「APM」を搭載したマルチチャンネルインテグレートアンプ「TA-DA5500ES」

 ソニーは8日、マルチチャンネルインテグレートアンプ「TA-DA5500ES」を発表。10月25日から発売する。価格は273,000円。

IT・デジタル その他
TA-DA5500ES
  • TA-DA5500ES
 ソニーは8日、マルチチャンネルインテグレートアンプ「TA-DA5500ES」を発表。10月25日から発売する。価格は273,000円。

 同製品は世界で初めて、フロントスピーカーに位相特性を合わせる自動位相マッチング技術「オートマティック・フェーズ・マッチング(APM)」を搭載。本技術によって、フロントスピーカーと違うスピーカーをサラウンドやセンターに使った場合でも、スピーカー位相の周波数特性をフロントスピーカーに合わせることを可能とした。これにより、良質なサラウンド音をより忠実に再現することができるという。

 新開発の「HD デジタルシネマサウンド(HD-D.C.S.)」を搭載し、映画館独特の反射・残響音を限りなく再現。映画館に近い、よりリアルな臨場感を家庭でも楽しむことができるとうたう。HD-D.C.S.は、実際の映画館の残響量を再現する標準タイプのほか、残響量を少なくしたスタジオタイプ、残響量を多くしたダイナミックタイプを設けた。

 シャーシには、剛性を飛躍的に高めたタル・アシスト・ホリゾンタルFB(Frame and Beam)シャーシを採用。強度アップを図ったことで、大きな音圧がかかったときの部品の振動レベルを効果的に抑制し、音のにごりを防止。迫力のある低音を実現するという。

 そのほか、DLNAクライアント機能を搭載することで、家庭内LAN上におけるDLNA準拠サーバーから音楽や画像を共有可能。ネット接続の場合、インターネットラジオを楽しむこともできる。

 おもな仕様は以下のとおり。

●TA-DA5500ES
・定格出力:フロント120W×2/センター120W/サラウンド120W×2/サラウンドバック120W×2
・実用最大出力:フロント150W×2/センター150W/サラウンド150W×2/サラウンドバック150W×2
・SN比:LINE:96dB(サラウンド、EQ全てOFF時)
・インターフェース:HDMI入力×6/HDMI出力×2/光デジタル入力×6/光デジタル出力/DMPORT端子など
・消費電力:300W
・本体サイズ:幅430×高さ175×奥行き430mm
・重さ:約17kg
・付属品:ワイヤレスリモコン/シンプルリモコン

 なお、あわせて2チャンネルステレオアンプ「STR-DH100」を同じく10月25日から発売。エントリークラスながら総合出力150W/chの大出力が可能で、5系統のアナログ音声入力、DMPORT端子などを搭載する。価格は31,500円。
《小口》

関連ニュース

特集

page top