国内ITサービス市場ベンダー、前年比プラス成長は14社中5社のみ 〜 IDC Japan調べ | RBB TODAY

国内ITサービス市場ベンダー、前年比プラス成長は14社中5社のみ 〜 IDC Japan調べ

エンタープライズ その他

国内ITサービス市場 主要ベンダーの国内ITサービス売上高/前年比成長率、2009年3月期(2008年度)
  • 国内ITサービス市場 主要ベンダーの国内ITサービス売上高/前年比成長率、2009年3月期(2008年度)
 IDC Japanは2日、国内ITサービス市場におけるベンダー競合分析結果を発表した。

 これによると、2009年3月期(2008年度)の国内ITサービス売上高が縮小するベンダーが多い結果となり2009年3月期(2008年度)の国内ITサービス売上高が前年比プラス成長となったベンダーは、調査対象14社中、5社のみ(富士通、NTTデータ、HP、CTC、NRI)だった。また、同売上高1,000億円を超えるベンダーは2008年3月期(2007年度)の14社から12社へと減少した。

 金融危機を契機とした国内経済の悪化は、ITサービスベンダーにも大きな影響を与えている。特に、システム開発などのプロジェクトベース売上高が減少するベンダーは多く、前年比プラス成長となったのは富士通、NTTデータ、NRIのわずか3社とのこと。一方、ITアウトソーシングは成長率の鈍化が見られるものの堅調に推移しており、2008年度の国内ITサービス事業は、プロジェクトベース売上高を維持または縮小を抑制し、ITアウトソーシングを拡大したベンダーが、成長を遂げる結果となったと、同調査では分析している。

 売上高については、2007年度に1,000億円を超えた新日鉄ソリューションズ、大塚商会の売上が減少し、1,000億円を下回った。なお2008年4月にTISとインテックホールディングスの経営統合によって設立したITホールディングスは、2008年度の国内ITサービス売上高が2,000億円を超え、トップ5ベンダーに次いで6位にランキングされている。

 ITベンダーの多くが、2010年3月期(2009年度)におけるIT関連/サービス事業の減収、減益を計画しているほか、大規模なグループ再編を含む事業構造改革が発表されている。また2008年度以降、クラウドコンピューティング関連事業に注力するベンダーが急増している。IDC Japan ITサービスリサーチマネージャである松本 聡氏は「国内IT市場が低迷する中、ベンダーにとって収益力の強化が重要な経営課題である。クラウドコンピューティングといった新しいサービスの開発も見られるが、市場拡大期とは異なる市場環境であることをベンダーは認識し、成果報酬型サービス契約など抜本的な収益モデルの見直しが重要である」とのコメントを寄せている。

 今回の発表はIDCが発行したレポート「2009年 国内ITサービス市場 サービスセグメント別ベンダー競合分析:2009年3月期実績に基づく」(J9300104、63万円・49ページ)にその詳細が報告されている。同レポートは、国内ITサービス市場におけるリーディングベンダーの2009年3月期の業績や取り組みを調査し、サービスセグメント別国内ITサービス売上高や、事業動向などから競合状況を分析したものとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top