NEC、仮想化システム導入を強化 〜 プラットフォーム統合管理ソフトの価格を70%引き下げなど | RBB TODAY

NEC、仮想化システム導入を強化 〜 プラットフォーム統合管理ソフトの価格を70%引き下げなど

エンタープライズ その他

「WebSAM SigmaSystemCenter」画面イメージ
  • 「WebSAM SigmaSystemCenter」画面イメージ
  • ブレードサーバ収納ユニット「SIGMABLADE-H v2」
 NECは24日、混在する複数の仮想環境および物理環境を一元的に管理するソフトウェア「WebSAM SigmaSystemCenterシリーズ」のライセンス価格について、従来比、最大約70%の引き下げを実施した。

 「WebSAM SigmaSystemCenterシリーズ」のライセンスについて、従来の仮想マシンごとに必要であった価格体系に、物理サーバの実装CPU数単位とする価格体系をあらたに追加。これにより、従来比、最大約70%のライセンス価格の引き下げを実現したという。このライセンス価格体系の変更により、中堅中小ユーザーにとっても、仮想化システムを導入しやすくなる見込みだ。

 同時に、「WebSAM SigmaSystemCenter 2.1 Update2」を製品化し、同日より販売開始した。VMware社の最新仮想基盤「VMware vSphere4」にあらたに対応したほか、従来の仮想マシン最適配置機能を強化し、指定した仮想マシンを特定のサーバと結び付けておく「仮想マシン配置制約」を実現。たとえば、ある2つの仮想マシンが同じサーバに移動することを禁止し、サーバの故障時に両方の業務が一度に停止することを防止したり、あるいは特定の業務が、あるサーバの固有のリソースだけを使用するよう指定したりできる。これにより、仮想マシンをよりきめ細かく運用管理することが可能になるとのこと。

 さらに、ブレードサーバ収納ユニット「SIGMABLADE-M」および「同-H v2」(ブレードシステム「Express5800/SIGMABLADE」)において、システム構成変更時に、ネットワークスイッチやストレージ機器の設定変更を不要とする新機能「vIO(ブイアイオー)コントロール機能」を標準搭載。従来、システム変更時は、ネットワークスイッチやストレージ機器側でMACアドレスやWWPNなどの設定変更が必要であったが、当機能により、新規に追加したブレードサーバを自動的にネットワークに接続することが可能となり、ブレードサーバを活用した仮想化環境の運用性を大幅に向上させた。

 価格はSigmaSystemCenter 2.1 Update 2が税抜400,000円。仮想サーバ管理オプション(本体製品ごとに1つのみ)が200,000円。VMホストソケットライセンスが150,000円。いずれも8月31日よりう出荷を開始する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top