コンビニ電子マネー、認知・利用とも「nanaco」がトップ 〜 mediba調べ | RBB TODAY

コンビニ電子マネー、認知・利用とも「nanaco」がトップ 〜 mediba調べ

ブロードバンド その他

「nanaco」「WAON」「ローソンPASS」「ファミマTカード」について調査の結果は?
  • 「nanaco」「WAON」「ローソンPASS」「ファミマTカード」について調査の結果は?
  • 各電子マネー・コンビニ発行クレジットカードの認知・利用
  • 各電子マネー・コンビニ発行クレジットカード毎の利用者属性
  • 各電子マネー・コンビニ発行クレジットカード利用意向(未利用者ベース)【単一回答】
 medibaは21日、自社が保有するリサーチ専用会員を対象とした「電子マネーとポイントカード」に関するモバイルリサーチの結果を公表した。

 7月16日〜21日の調査期間に、mediba保有会員(au携帯電話ユーザー)男女20〜50代840人に対しモバイル調査を行ったもの。コンビニエンスストアが発行する電子マネー「nanaco」「WAON」、クレジットカード「ローソンPASS」「ファミマTカード」の利用動向についてアンケート調査を行った。

  それによるとコンビニエンスストア利用者のなかで、もっとも認知・利用されていた電子マネーは「nanaco」で、認知率が86.9%、利用率が24.8%と、いずれもトップになった。コンビニ発行クレジットカードについては、認知率で「ファミマTカード」が78.3%、利用率で「ローソンPASS」が18.9%とそれぞれを上回った。おのおのの電子マネー/コンビニ発行クレジットカードの属性においては、「WAON」は女性の利用者の割合が高く、62.6%。逆に「ファミマTカード」は男性の利用者の割合が高く、57.7%であった。これについては、イオンなどを利用可能店舗の主軸とするWAONと、ツタヤなどを主軸とするTカードの傾向差が出たようだ。

 なお、おのおのの電子マネー/コンビニ発行クレジットカードを利用していない人に対して、今後の利用意向を聞いたところ「nanaco」がもっとも高く、54.5%であった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top