東海テレビ、「セシウムさん」問題の検証番組をネット公開……テロップ制作者自身も出演 | RBB TODAY

東海テレビ、「セシウムさん」問題の検証番組をネット公開……テロップ制作者自身も出演

ブロードバンド その他

テロップを作成した男性も出演し、みずから経緯を説明
  • テロップを作成した男性も出演し、みずから経緯を説明
  • 1時間にわたり経緯を詳細に検証した動画
  • 再現シーンも
  • 東海テレビ社長の浅野碩也氏
 東海テレビ放送は30日、「怪しいお米」「汚染されたお米」「セシウムさん」等の不適切な表現の字幕テロップを放送した問題について、経緯を検証した番組を、愛知・三重・岐阜の3県で放送した。同時に同社サイトで動画の公開を開始した。

 この問題は、8月4日に放送された「ぴーかんテレビ」において、不適切な字幕テロップが映し出されたもの。同社では30日午前9時55分から検証番組「検証 ぴーかんテレビ不適切放送 ~なぜ私たちは間違いを犯したのか~」を放送した。番組冒頭で社長の浅野碩也氏が改めて謝罪、その後、現地からの反応を紹介。そして現場のプロデューサー、タイムキーパー、そしてテロップ制作者自身も登場し、放送事故に至った経緯を詳しく説明した。

 関係者の処分については、浅野自らの役員報酬50%カット3か月や、他の役員3人の報酬カット、そして、情報制作局幹部2人の降格など従業員4人の処分が発表済み。同社では今後「再生委員会」「オンブズ東海」を立ち上げ、検証報告書をもとに具体的対策を立案するとともに、視聴者の声や現場の声への対応をチェックするとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top