トレードセーフ、サイバートラスト、SBPSの3社がネットショップ決済で連携開始 | RBB TODAY

トレードセーフ、サイバートラスト、SBPSの3社がネットショップ決済で連携開始

エンタープライズ その他

SBPSの決済代行サービス
  • SBPSの決済代行サービス
 TradeSafe(トレードセーフ)、サイバートラスト、ソフトバンク・ペイメント・サービス(SBPS)の3社は22日より、ネットショップ決済分野での業務提携を開始する。

 トレードセーフが提供するEC補償サービス「トラストマークサービス」、サイバートラストが提供するSSLサーバ証明書「SureServer for SSL」、およびSBPSが提供する「SBPS決済代行サービス」 を連携し、トレードセーフのトラストマークと、サイバートラストのSSLサーバ証明書が付与された信頼性の高いネットショップで、SBPSの決済代行サービスを通じて決済することが可能となる。

 トレードセーフが提供する「トラストマークサービス」は、マークを取得したECショップにおいて消費者がトラブルに見舞われた場合、中立的な第三者としてトラブル解決に努め、また代金を支払ったにもかかわらず正当な理由なく購入商品が送られない場合には、最大10万円の見舞い金を消費者に支払う、といった補償サービス。サーバ証明書「SureServer for SSL」は、Webサイトが本物であることを証明し、Webサイトとの通信を暗号化することで、インターネット上の「フィッシング詐欺」や「盗聴」を防ぐ。そして「SBPS決済代行サービス」は、1つのパッケージを導入するだけで複数の決済方法(クレジットカード・コンビニ・プリペイドカード・電子マネー・携帯決済など)に対応する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top