NEC、Express5800/スケーラブルHAサーバが仮想化ベンチマーク「VMmark」で世界最高性能を達成 | RBB TODAY

NEC、Express5800/スケーラブルHAサーバが仮想化ベンチマーク「VMmark」で世界最高性能を達成

エンタープライズ ハードウェア

記録値と測定システム
  • 記録値と測定システム
  • 「NEC Express5800/A1160」
 NECは5日、「NEC Express5800/スケーラブルHAサーバ」が、ヴイエムウェア社が提供する業界標準の仮想化ベンチマーク「VMmark」において、世界最高記録となる34.05@24タイルを達成したと発表した。

 VMmarkは、仮想化システムの性能やサーバ統合能力をシステム間で比較することを目的に開発されたベンチマークテスト。Webサーバ(SPECweb 2005ベース)、ファイルサーバ(dbench)、メールサーバ(Exchange2003)、データベースサーバ(MySQL)、Javaサーバ(SPECjbb 2005ベース)、スタンバイサーバの6つの負荷プログラムをそれぞれ実行する6つの仮想マシンを1セット(タイル)で使用し、テストでは、仮想化プラットフォーム上で複数のタイルを同時に実行し、各負荷プログラムのスループット性能を測定する形式となっている。

 今回のベンチマークは、大規模基幹業務向けサーバ「NEC Express5800/A1160」と、ヴイエムウェア社の仮想化ソフトウェア「VMware ESX 4.0」で実現した。「NEC Express5800/A1160」は、インテル社の「インテル Xeon プロセッサ7400番台」を搭載し、ボックス間高速インターコネクト「HSI(High Speed Interconnect)」などの高性能サーバハードウェア技術により、最大4ボックス/16プロセッサまでのシームレスな拡張を可能とした製品となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top