G Data、ネット犯罪者の一味へ電凸! その白熱のやりとりとは? | RBB TODAY

G Data、ネット犯罪者の一味へ電凸! その白熱のやりとりとは?

エンタープライズ その他

G Dataセキュリティラボ所長のラルフ・ベンツミュラー氏
  • G Dataセキュリティラボ所長のラルフ・ベンツミュラー氏
 G Data Softwareは10日、「ロト(宝くじ)当選のご案内」という内容の英文スパムメールが増加している件について、振込み詐欺ならびにマネーロンダリングを目的としたものであることをつきとめたと発表した。

 このメールは英語で書かれており、欧米の在住者に狙いを定めたものだ。日本においては緊急性がないと考えられるため情報が配信されていなかったが、今週に入ってもまだ類似した内容のスパムメールが多発しているため、念のために注意を促すべく日本でも発表された。このメールは6月下旬から7月上旬にかけて増加しており、「235万ユーロの当選金があなたのものになる」といった話を持ちかけてくるものだ。

 G Dataは、問い合わせの電話番号が記されているものを発見、メールに書かれている問い合わせに応じてみたという。記載されている住所と電話番号は、スペインのマドリードで、陽気な感じの男性が、片言のドイツ語で対応してきたという。彼の名は、ランディ・ペーターズ。彼はあくまでも代理人であり、ともかく賞金を提供するための情報を集め、ロト組織に連絡するだけだと主張し、宝くじの総額が235万ユーロであることは間違いないと発言したが、実際の受取額は変動すると述べたとのこと。

【ランディとの通話記録の抜粋】
——————————
G Data: もしもし、ヨーロッパのロト・モニタリング・ユニットですか。宝くじに当選して電話しました。
ランディ: 何のことですか。私にはよくわかりませんが。
G Data: ヘルナンデスさんからメールを受けとりました。当選して、とても興奮しています。これは本当なのですか。
ランディ: ああ、そういうことですか。それではお名前を頂戴できますか。
G Data: ○○○○と言います。
ランディ: もう一度言ってください。私はドイツ語がそれほど得意ではありません。
(受話器の向こう側でパソコンにデータ入力しているのが聞こえる。どうやら彼はデータベースから名前を見つけようとしている)
ランディ: 名前が見つかりませんね。電話番号を教えていただけないでしょうか。
(私たちは電話番号をランディに伝えた。もちろんダミーで用意したもの)
G Data: 当選金は235万ユーロで間違いありませんか。
ランディ: ええ、間違いありません。そのとおりですので、振込先や連絡先を確認しているのです。で、ロト・モニタリング・ユニットに連絡しますので。
G Data: どのくらいでお金を手に入れることができるのでしょう。一度に全額もらえるのですか。
ランディ: 当選金の総額は235万ユーロ全額です。ただし、賞金は何度かに分けて振り込まれるので、正確な金額はわかりません。最初は少ないかもしれません。それは後からわかることであり、私にはわかりません。私は送金するための情報を集めるだけですから。とにかくそのための住所氏名、電話番号、そして振込先銀行のアカウント情報をください。
G Data: ええ用意しています。ところで仕組みがよくわからないのですが、もしかすると私は先にお金を送ったり、何かしなければならない、ということはありませんか。そういった詐欺話を聞いたことがあります。
ランディ: いえいえ、ただお金が振り込まれるだけですよ。20日もすればすべて振り込まれるでしょう。当選金の3.5%が手数料として引かれますが、それ以外は引かれることはありません。では、あなたの振込先を教えていただけますか。
G Data: 電話の調子が良くありません。メールで送ります。ヘルナンデスさんのアドレスでよろしいですか。
ランディ: はい、OKです。振込みに必要な情報をもれなく送ってください。そうすれば1週間以内に一部金が入金されるでしょう。確認できたら、領収のための手数料を振り込んでください。
——————————

 G Dataでは、さっそく警察当局へ通報し収集した情報を提供したとのこと。G Dataセキュリティラボ所長のラルフ・ベンツミュラー氏は「このような詐欺の手法は決して新しいものではありません。しかし今回珍しいことに、加害者は本物の電話番号を記載しています。一般に詐欺グループは個人情報やアカウントをかすめとろうと画策しています。得た情報は、他の詐欺を行うのに利用されるか、またはマネーロンダリングに使用されます。今回のスパムメールの目的は、マネーロンダリングと推測されます。したがってこのような内容のメールには、いっさい対応しないで削除してしまうことをお勧めします」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top