「iD」「Edy」に続き、飲料自動販売機で「QUICPay」決済がスタート 〜JAMA電子マネー化共同プロジェクト | RBB TODAY

「iD」「Edy」に続き、飲料自動販売機で「QUICPay」決済がスタート 〜JAMA電子マネー化共同プロジェクト

エンタープライズ その他

「マルチサービスリーダライタ」イメージ写真(JAMAサイトより)
  • 「マルチサービスリーダライタ」イメージ写真(JAMAサイトより)
 日本自動販売協会(JAMA)は8日、加盟企業内の有志企業で進める「JAMA電子マネー化共同プロジェクト」において、QUICPayによる決済を開始したことを発表した。7月1日よりすでに対応が開始しているとのこと。

 同プロジェクトでは、エム・ピー・ソリューションが飲料自販機向けに複数電子マネー決済サービス「JMMS」を提供しており、すでに「iD」「Edy」「Smartplus」「Visa Touch」といった電子マネーが利用可能となっており、この選択肢に今回QUICPayが加わることとなる。JMMSのシステムにおいては、日本電気が飲料自動販売機に搭載する非接触ICカード読取/書込装置(マルチサービスリーダライタ)の中核技術の提供ならびに販売機と各電子マネー事業者を結ぶ後方システムセンターを提供し、サンデンがJMMS向け読取/書込装置の製造・供給を行っている。

 飲料自動販売機は、その購入頻度という点においても単価という点においても、電子マネーとの相性がよく、同プロジェクトでは、業界横断のスケールメリットを活かした共同購入や運用の共通化により、安い導入・運用コストとオペレータの負担を軽くした電子マネー導入を実現しているという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top