NTT、ブログを利用したQ&Aサービスの共同実験を開始 | RBB TODAY

NTT、ブログを利用したQ&Aサービスの共同実験を開始

エンタープライズ その他

サービスイメージ
  • サービスイメージ
  • タグマップのイメージ
  • 質問ブログと回答ブログの一覧イメージ
 日本電信電話(NTT)とNTTレゾナントは29日、ブログを利用して質問・回答を行うことでブロガー同士のあらたなコミュニケーション手法の可能性を図るサービス「ブログレンジャーQA」の実証実験を開始した。「gooラボ」から利用可能で、期間は約1年間の予定。

 「ブログレンジャーQA」は、質問形式で記載されたブログ記事を分析し、質問のテーマごとにタグマップと呼ばれる仮想的な地形図(大規模なタグクラウド)上にて可視化するサービス。ブロガーが、自分のブログ記事内に質問を投稿し、「ブログレンジャーQA」により質問の内容が分析されると、質問内容を表すキーワード(タグ)が付与され、タグマップ上で吹き出し表示される。たとえば、子育てに関する質問であれば、「育児」や「家族」タグの上に吹き出し表示される。「ブログレンジャーQA」の利用者は、タグマップ上の吹き出しやキーワード検索機能により、気になる質問を見つけることができ、気になる質問の吹き出しをクリックすれば、その質問ブログ記事と回答ブログ記事の一覧を参照し、概要を把握できる。質問に回答する場合は、自身のブログ記事内に質問ブログ記事のリンクを記載して、回答を投稿。このことで「ブログレンジャーQA」上で質問ブログと回答ブログを紐付けて一覧化される。また、回答したブロガーは質問したブログに対してトラックバックすることで質問者へ回答がついたことを通知することが可能。ブロガーは記事内の質問に対して回答したブログを一覧で確認することが可能となる。

 これにより、ブロガーは、ブログ記事に記載した質問・疑問が解消できるだけでなく、質問と回答のやりとりを通して、新しい出会いやつながりを得ることができる見込みだ。質問のテーマはブログ記事内で記載された数に応じて、大きな大陸のイメージ上にマッピングされて表示されるため、より多くのブロガーが興味を持てるブログ記事のネタ探しにも活用できるという。今後は、よりブロガー同士のコミュニケーションが活性するよう、質問数やクリック回数などによる各種ランキング機能やブログパーツなどが提供される予定。なおサービス開始当初は、ブログ記事のタイトルを分析し、質問が記載されていると思われるブログ記事を収集。「ブログレンジャー」という文言を本文中に記載することで、「ブログレンジャーQA」はより正確に質問ブログであることを検知できる。

 ちなみに本実験で利用されているタグマップ作成技術は、NTTサイバーソリューション研究所とNTTコミュニケーション科学基礎研究所が、BLOGRANGER TGにおいて開発したブログから抽出した単語の統計情報を利用し、任意の文章に対してタグ(分類のキーワード)を付与する「オートタギング技術」と、大量のタグ付き文章集合から、タグ同士の関連性を“背景画像に地形図を用いたタグクラウド”で可視化する「トピック空間可視化技術」を利用したものとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top