「瞬刊フライデー」「瞬刊現代」を発売前日にデジタルサイネージ配信 〜 COMELが実証実験を開始 | RBB TODAY

「瞬刊フライデー」「瞬刊現代」を発売前日にデジタルサイネージ配信 〜 COMELが実証実験を開始

ブロードバンド その他

「瞬刊誌」は、「3秒のコピーと3秒の画像」で記事が構成されているコンテンツ
  • 「瞬刊誌」は、「3秒のコピーと3秒の画像」で記事が構成されているコンテンツ
 講談社とソフトバンクグループのCOMEL(コメル)は4日、COMELが運営するデジタルサイネージ「福岡街メディア」において、新しいメディア「瞬刊誌」を、「瞬刊フライデー」と「瞬刊現代」として発売前日に配信する実証実験を開始した。

 「瞬刊誌」は、講談社の「週刊現代」および「フライデー」のスクープ記事を、3秒のコピーと3秒の写真で構成し、それらのコンテンツの間に広告を挟み、街頭でディスプレイを見る視聴者に印象付ける新しいプッシュ型のメディア。講談社のニュース次世代メディアの研究機関であるジャーナル・ラボが開発した。

 今回の実証実験では、COMELが開発した「iOOH(internet Out Of Home Media)システム」を用いることで、雑誌発売の前日に、即時に配信を行う。福岡街メディアは、福岡市内の交通機関、コンビニエンスストア、ドラッグストア、大型商業施設などを中心に、主要な生活動線上に設置された500面を超えるデジタルサイネージ(電子看板)メディアとなっており、それらに瞬刊誌が配信されることとなる。実験では、デジタルサイネージにおける「瞬刊誌」の視聴率や受容性を測定し、講談社の持つコンテンツとCOMELのデジタルサイネージシステムを融合した新メディア実現に活用していくのが狙いとのことだ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top