【スピード速報(150)】静岡県のダウンレートトップ3は静岡市葵区、富士宮市、清水町 | RBB TODAY

【スピード速報(150)】静岡県のダウンレートトップ3は静岡市葵区、富士宮市、清水町

【スピード速報】はhttp://speed.rbbtoday.com/の1週間分の計測データをもとに各種の統計データを速報でお伝えする。このサイトはIXに計測専用サーバを置き、月間計測数は数十万を超え、統計データとしても十分な精度と信頼性を持っている。

ブロードバンド その他
横軸の単位はMbps。静岡県における市区町村ごとのダウンレートのランキング(20位まで)。トップは政令指定都市の行政区としては日本一広い静岡市葵区であった
  • 横軸の単位はMbps。静岡県における市区町村ごとのダウンレートのランキング(20位まで)。トップは政令指定都市の行政区としては日本一広い静岡市葵区であった
【スピード速報】はhttp://speed.rbbtoday.com/の1週間分の計測データをもとに各種の統計データを速報でお伝えする。このサイトはIXに計測専用サーバを置き、月間計測数は数十万を超え、統計データとしても十分な精度と信頼性を持っている。

 今回は前回に引き続き、第123回「神奈川県のアップレートトップ2は川崎市川崎区&麻生区」などにいただいたリクエストにお応えして、静岡県の市町村別平均ダウンロード速度(ダウンレート)ランキングをご覧いただく。2009年5月19日〜6月15日の測定データから郵便番号が明示されていたものを抽出して、日本郵便のサイトで公開されている最新の全国郵便番号ファイルとの付け合せによって地域を特定して(※)ダウンレートを算出した。上位20市区町村をグラフ化している。

 なお、県別統計のため、1週間分では件数が充分ではないことから、今回も4週間分のデータを用いている。また、測定データから個人を特定できないように、測定データ件数が1件だった市区町村は除外している。

 図を見ての通り、ダウンレートのトップは静岡市葵区で54.4Mbpsであった。葵区は平成17年(2005年)に静岡市が政令指定都市になったことにより誕生した26万人超の人口を有する巨大な区であり、政令指定都市の行政区としては日本一広い。葵区の北部は南アルプスの一部の山岳地帯であり、南部は静岡県の中核である静岡市のそのまた中核になっている。今回ダウンレートのトップに立った主な理由は後者であろうが、広い区域をカバーする高速ネットワークの必要性なども一因と考えられる。

 2位には54.0Mbpsという僅差で富士宮市がランクインした。富士宮市は富士山の西南麓に広がる豊かな自然に恵まれた街であり、浅間大社の門前町を起源としている。紙・パルプなどを中心とした工業でも知られていたが、昨今は、輸送用機械関連や化学工業・医療用機器などを中心とした産業構造へと変化している。このことが、周辺市ながらもダウンレートの高さにつながっているのではなかろうか。なお、最近では「硬めの食感でまちおこし〜やきそばのまち富士宮」としても著名である。

 3位の駿東郡清水町(46.0Mbps)は静岡県の東部、伊豆半島の付け根にある景観や自然環境に恵まれた町であり、このことだけを見ると、県内3位のダウンレートを出していることは非常に不思議に感じる。しかし、清水町のWebページによると「沼津市と三島市の間に位置し、東名高速沼津I.CやJR東海道新幹線三島駅にも近く、首都圏や伊豆方面に通じる国道が連絡しており、東西交通の要衝地である」と説明されている。このことが、隣接の沼津市(21.6Mbps)、三島市(16.8Mbps)を上回るダウンレートの理由なのかもしれない。

 以上のとおり、以前解析した各県の場合と同様、人口の集中している中核都市・地域が上位を独占することはなく、周辺都市や町という異なった個性をもつ自治体が上位にランクインしている。この傾向が他の都道府県にも見られるかどうか、今後も調査していこう。

(※)郵便番号による地域の特定について
 当コラムでは地域をまたがる郵便番号について考慮しており、以下の「地域をまたがる郵便番号」については地域番号順により◎印の地域における測定データとして扱っている。

〒411-0000 : ◎静岡県三島市/駿東郡清水町/駿東郡長泉町
〒422-0000 : ◎静岡市葵区/静岡市駿河区/静岡市清水区
〒430-0854 : ◎浜松市中区/浜松市南区
〒432-0000 : ◎浜松市中区/浜松市東区/浜松市西区/浜松市南区/浜松市北区/浜松市天竜区
〒432-8053 : ◎浜松市中区/浜松市南区
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top