ソフトバンク、コンパクトなタッチフォンなど夏モデル2機種の発売日を発表 | RBB TODAY

ソフトバンク、コンパクトなタッチフォンなど夏モデル2機種の発売日を発表

エンタープライズ モバイルBIZ

「930N」(NEC製)
  • 「930N」(NEC製)
  • 「930N」(NEC製)
  • 「930N」(NEC製)
  • 「930N」(NEC製)
  • 「931SC」(Samsung電子製)
  • 「931SC」(Samsung電子製)
  • 「931SC」(Samsung電子製)
  • 「931SC」(Samsung電子製)
 ソフトバンクモバイルは17日、厚さ約13.9mmというスリムボディの「930N」と、タッチするたびに振動するタッチパネル搭載の「931SC」を、19日に発売すると発表した。

 「930N」(NEC製)は、厚さ約13.9mmのスリムなボディに約3.2インチフルワイドVGA(854×480ドット)のメインディスプレイや、810万画素のCMOSカメラを搭載した端末。キー部分には、電源のオンオフ、メールの送受信時などに合わせて光る「カラフルキーイルミネーション」を搭載。また、1秒間15フレームのワンセグ映像を30フレーム変換、映像をなめらかに再生する「なめらかワンセグ」や、端末を傾けるだけで画面内の縦横表示を自動で切り替える機能、モバイルウィジェットなどを備えている。

 サイズは約幅50mm×高さ109mm×厚さ13.9mm(折りたたみ時、突起部除く)で、重量は約111グラム。バッテリー駆動時間は、連続通話時間がW-CDMA網で約220分、GSM網で約190分、連続待受時間がW-CDMA網で約580時間、GSM網で約280時間となっている。カラーバリエーションは、ガーネットレッド、ヴィンテージブラック、スパークリングホワイト、ロマンスピンクの4色。

 「931SC」(Samsung電子製)は、約幅50.9mm×高さ111.2mm×厚さ13.1mm(折りたたみ時、突起部除く)というコンパクトサイズに約3インチワイドVGA(400×800ドット)のタッチパネルを搭載。タッチするたびに振動し、反応を確かめながらの操作が可能なフィードバックバイブレーション機能を備えており、振動パターンは16種類の中から選べるようになっている。

 ほかには、ウィジェット機能を備えており、よく使う機能を待受画面に配置することが可能で、待受画面のアイコンをタッチすれば1ステップで各種機能を使うことができる。また、撮影した写真などに、自由に絵を描くことができ、さらに描いた順番でそのままアニメーションになる「お絵かきアニメ」も搭載。作成したアニメーションはS!メールや赤外線通信、Bluetoothなどで、対応している機種に送信することが可能となっている。

 重量は約111.4グラムで、515万画素のオートフォーカス対応CMOSカメラを搭載。バッテリー駆動時間は、連続通話時間がW-CDMA網で約259分、GSM網で約300分、連続待受時間がW-CDMA網で約400時間、GSM網で約422時間となっている。カラーバリエーションは、アーバンホワイト、ポップピンク、オーシャンブルーの3色。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top