思わず手が出る!? 雑誌の付録〜どんな付録がついていたら買う? | RBB TODAY

思わず手が出る!? 雑誌の付録〜どんな付録がついていたら買う?

エンタメ その他

雑誌の付録に関する意識調査
  • 雑誌の付録に関する意識調査
 付録つきの雑誌が多く出版されている。ブランドとのコラボ付録などもあり、「これが付録!?」と驚くようなグッズも見かけるが、ネットユーザーは付録つき雑誌をどのように思っているのだろうか。アイシェアが20代から40代の男女562名に意識調査を実施した。
 
 “雑誌を買うことがある”と回答した人に「付録が目当てで雑誌を買ったことがあるか」尋ねたところ、61.2%が「ある」と回答。女性では67.3%と、3人に2人が付録目当てで雑誌を購入した経験があることがわかった。年代別では、30代では7割を超え、20代、40代と大きな差がある。
 
 付録付き雑誌の購入経験者に、どんな付録を目当てに買ったかを聞くと、全体で最も多かったのは「CD-ROM」で36.9%。男性では40.8%、30代では43.2%にのぼった。2位は「バッグ・ポーチ」で全体の17.0%。女性では31.5%と3割を超えている。以下「筆記用具」「アクセサリー・ヘアアクセサリー」「靴下・下着」が続いた。
 
 ちなみに“雑誌を買わない”人に、購入しない理由をひとつ答えてもらったところ、「読みたい雑誌がないから」が36.8%、「ネットで十分だから」が32.4%、「お金がかかるから」が16.2%、「かさばるから」が11.8%という結果となった。特に30代では「ネットで十分だから」が38.2%でトップと高い割合だった。
 
 また、ネットがあれば将来的に雑誌はいらなくなると思うか尋ねたところ、「いいえ」と答えたのが79.9%で、「はい」を大きく上回った。性別、年代を問わず雑誌が不要になるとは思っていない人の方が多く、“雑誌を買わない”と答えた人でも67.2%だった。雑誌にはメディアとして果たすべき役割があるということなのだろう。加えて、付録が雑誌購入の決め手になることも少なくないようだ。
《大木信景》

編集部のおすすめ記事

特集

page top