ボットネットによる「ゾンビコンピュータ軍団」が勢力拡大中 〜 マカフィー調べ | RBB TODAY

ボットネットによる「ゾンビコンピュータ軍団」が勢力拡大中 〜 マカフィー調べ

 米McAfee(マカフィー)は現地時間5日、第1四半期脅威レポートを公表した。

エンタープライズ その他
悪質と評価されるWebサイトの分布
  • 悪質と評価されるWebサイトの分布
  • 世界で発生しているスパムと電子メール総量の割合
 米McAfee(マカフィー)は現地時間5日、第1四半期脅威レポートを公表した。

 それによると1月以降、サイバー犯罪者たちは約1,200万のIPアドレスをあらたに支配しており、2008年に比べて50%増加しているとのこと。犯罪者の支配下に置かれたコンピュータによるネット、いわゆる「ボットネット」に感染したコンピュータがもっとも多いのは米国で、「一大ゾンビコンピュータ軍団」を構築しているという。その割合はゾンビマシン全体の18%となる。さらにサイバー犯罪者は、居場所を隠すため、URLのリダイレクト、Web 2.0サイトの利用を高めている。

 一方2008年11月のマッコロ(McColo)社の遮断により、スパムレベルは推定60%減少した。2009年のスパムの量は20%減り、最多を記録した2008年第3四半期よりも30%減少している。ただし、サイバー犯罪者が大量の電子メールを送信する新しい方法を編み出したことで、スパムの量は増加している。そしてボットネットの急速な拡大により、再びスパムレベルが上昇する恐れがあるという。マッコロ社の遮断以降、スパムの量はすでに約70%回復しているとのこと。

 そのほか、Koobfaceウイルスが再流行し、3月だけで800以上の新しい亜種が発見された。また合法的なコンテンツをホストしているサーバが、マルウェアの作者によって、悪質な違法コンテンツの配布に利用されるケースが増えているという。

 McAfee Avert Labsのシニアバイスプレジデントであるジェフ・グリーン氏は「これらボットネットの大幅な拡大により、サイバー犯罪者はインターネットに大量のマルウェアを送り込むのに必要なインフラを手に入れています。本質的に、これはサイバー犯罪を可能にするものです。」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top