ウォッチガード、新セキュリティ管理サービス「 SECURE FORCE 」の販売を開始 | RBB TODAY

ウォッチガード、新セキュリティ管理サービス「 SECURE FORCE 」の販売を開始

 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは4日、新しいネットワーク・セキュリティ管理サービスである「SECURE FORCE」(セキュアフォース)の販売を開始した。

エンタープライズ その他
SECUREFORCEレポートサンプル:ウェブトラフィック
  • SECUREFORCEレポートサンプル:ウェブトラフィック
  • SECUREFORCEレポートサンプル:スパムメール
 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは4日、新しいネットワーク・セキュリティ管理サービスである「SECURE FORCE」(セキュアフォース)の販売を開始した。

 「SECURE FORCE」は、ウォッチガードのUTM(統合脅威管理)アプライアンスである「Firebox X e-Series」のセキュリティ機能を活用した製品。セキュリティを高めるほかに、同アプライアンスのログデータを収集し、ネットワークのトラフィック、ウイルス、スパムメールなどの情報をわかりやすいグラフィカルなレポートとしてリアルタイムに出力し、企業ネットワークのセキュリティの運用状況の一元的な管理・監視を可能にする。企業のネットワーク上の活動をグラフ化することで、IT知識が高くない経営者でも容易に自社のネットワーク上で「何が」「いつ」「誰によって」起きているかを把握することができる。社内の情報を一元的に管理でき、ゲートウェイで情報を収集するため、外部・内部からのアクセス情報をリアルタイムで把握することが可能とのこと。

 価格は、企業規模に応じて導入されるFireboxモデルによって異なるが、月額5,000円からサービス提供可能。なお次期バージョンではアンチウイルス機能強化に加え、SNMP MIB、J-SOX法・その他法令遵守への対応、クライアント集中管理、多言語対応などの機能を追加予定とのこと。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top