「Microsoft Office Communications Server 2007 R2日本語版」、5月1日より提供開始 | RBB TODAY

「Microsoft Office Communications Server 2007 R2日本語版」、5月1日より提供開始

エンタープライズ その他

アテンダントコンソール 画面イメージ
  • アテンダントコンソール 画面イメージ
  • デスクトップ共有 画面イメージ
 マイクロソフトは20日、「Microsoft Office Communications Server 2007 R2日本語版」(OCS R2)を5月1日より提供開始すると発表した。

 OCS R2は、Office Communications Server 2007の最新版。一元化された電話会議・ビデオ会議機能、業務アプリケーションとの連携などを可能とする、ソフトウェアベースのVoIP基盤による企業向けコミュニケーション システム。ネットワークのアップグレードや更新をすることなく、既存のPBXやIPベースのIP PBXと連携可能なほか、電話などの音声環境を、マイクロソフトのユニファイド コミュニケーションソリューションへ簡単に移行することや、音声を電子メールやIM(インスタントメッセージング)などのアプリケーションと同じように管理することが可能となった。

 OCS R2では、通話管理のための新しいツールである「アテンダントコンソール」を利用することで、他のチームメンバー宛の電話を受けたアシスタントが、複数の着信通話に対応し、目的の受信者に迅速に通話を転送できる。委任機能により、上長や他のチームメンバーは、通話の完全な管理をアシスタントに任せることができる。またシームレスなデスクトップ共有機能により、社外のPCやMacintosh、Linuxなどの異なるOS環境にあるユーザが、Webブラウザを通して共同作業可能となる。また外出先のユーザは、Windows Mobile端末を利用して、プレゼンス(在籍情報)の確認や、IM(インスタント メッセージング)を行うことができる他、会社で使用しているのと同じ電話番号を使って受発信できる。コールの処理(設定した順番で着信するように制御するラウンドロビン、長時間保留、同時着信)、ルーティング、キューイングといった着信コールに関するワークフローをユーザ自身が柔軟に設定できる。価格はオープン。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top