NEC、インテルXeon5500番台搭載のWSハイエンドモデル「Express5800/56Xf」を発売 | RBB TODAY

NEC、インテルXeon5500番台搭載のWSハイエンドモデル「Express5800/56Xf」を発売

エンタープライズ モバイルBIZ

NECワークステーション「Express5800/56Xf」
  • NECワークステーション「Express5800/56Xf」
  • 「Express5800/56Xf」各モデル価格一覧
  • おもな仕様
 NECは17日、高性能ワークステーション「SEGUENTE(セグエンテ)Express5800/50シリーズ」の新製品「Express5800/56Xf」の販売を開始した。出荷は20日より。

 「Express5800/56Xf」は、複雑なデータを扱うCAD用途や、解析/数値計算などの科学技術計算用途など向けに、最新のインテルXeonプロセッサー5500番台を採用したハイエンドモデル。従来製品(Express5800/56Xe)に比べ性能が最大2倍向上した。あわせてメモリ容量を最大48GB、HDDは最大4台を搭載可能とした。さらに、ラックコンバージョンキットを利用することで、24Uラックに最大4台まで収容可能。Express5800/56XfはSASタイプとSATAタイプが用意されており、計4モデルとなる。価格は47万円〜。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top