富士通、48ポート高機能・省電力スイッチ「SR-S348TC1」を販売開始 | RBB TODAY

富士通、48ポート高機能・省電力スイッチ「SR-S348TC1」を販売開始

エンタープライズ モバイルBIZ

システム適用イメージ
  • システム適用イメージ
  • SR-S348TC1
  • SR-S248TC1
 富士通は13日、データセンターや企業ネットワーク向けスイッチ「SR-S348TC1」の販売を開始した。

 「SR-S348TC1」は、1Uサイズの筐体に1G用のインターフェイスが48ポート搭載するとともに、ブレードサーバなどにも対応できるよう10G用のインターフェイスを最大4ポートまで拡張可能。その他27%の省電力化の実現、RoHS指令準拠による環境配慮や、省スペース化を実現した。なお、「SR-S348TC1」は、社内実践としてすでに富士通データセンターに導入し、運用を開始しているとのこと。

 「SR-S348TC1」をデータセンターや基幹ネットワークに適用することで、ネットワークのさらなる高速化を実現するとともに、省電力・省スペースを実現する。「SR-S348TC1」は、1Uサイズの筐体に1G×48ポート、並びに10G×4ポート(オプション)をサポート可能で、データセンター業務や企業での効率的なサーバ・PC接続に最適だ。また、富士通従来製品と比較して27%の省電力化を実現するとともに、装置内に装備した消費電力センサーによって、消費電力監視が可能。さらに、電気・電子機器における特定有害物質の使用を制限する欧州の規格であるRoHS指令に準拠しており、環境への影響を考慮するユーザも安心して導入できるという。高度なネットワーク認証機能(IEEE802.1X認証、Web認証、MACアドレス認証、ARP認証)や、高信頼機能(リンクダウンリレー機能、L2ループ検知・防止機能、バックアップポート機能、スパニングツリー機能など)を実現し、「SR-S基本ソフトウェアV12」を標準搭載する。また、「SR-S Security SoftwareV01.01」は、商用最高レベルとなるセキュリティ規格ISO/IEC15408EAL4+を取得しており、セキュリティ・信頼性を重視するユーザも安心して導入できるとのこと。

 なお企業のフロア内のPC接続向け製品として、100Mインターフェイスを48ポート収容可能な「SR-S248TC1」も同時に販売開始する。「SR-S348TC1(L2スイッチ)」は60万円(税別)、「SR-S248TC1(L2スイッチ)」は30万円(税別)。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top