“学校を休ませてレジャーや家族旅行”ってどう思う? | RBB TODAY

“学校を休ませてレジャーや家族旅行”ってどう思う?

エンタメ その他

家族の思い出と学校に関する意識調査
  • 家族の思い出と学校に関する意識調査
 平日に学校を休ませて旅行やレジャーに行くという家庭が増えているという。その賛否がネット上でも話題となっているが、アイシェアがネットユーザーを対象に意識調査を実施した。

 平日に子どもの学校を休ませて旅行や遊びに行くことについては、「良いと思う」は11.3%、「(その日でなければならない)事情があれば良いと思う」が39.8%、「よくないと思う」は48.9%となり、賛否はほぼ半数に分かれた。その理由については、“否定派”では「ルールは守らせるべき」「学業が優先」など、子どもの教育上良くないという意見が多い。“肯定派”でも、「親が平日しか休めない」場合や、「その日しかできないこと」の場合はやむを得ないという、条件付き肯定の回答が目立つ。基本は学校優先であるべきという考えが根底にある人も多いようだ。
 
 ちなみに、回答者自身が子どものときに学校を休んで旅行や遊びに行ったことがあるかとの問いでは、「ある」は11.0%にとどまり、89.0%は「ない」と答えている。「ある」と回答した40名のうち、「休んでよかった」「どちらかというと休んでよかった」としたのは87.5%。その理由について、「40半ばになっても、思い出として残っている」「土日では出会えないような体験や人との出会いがあった」などと肯定的にとらえている。対して“休まなければよかった派”は、「勉強が遅れる」「出席しなかった時の授業内容が判らなくなった」との経験をあげていた。
 
 学校に対する考え方やワークスタイルが多様化しているという背景もあり、レジャー目的で学校を休むことへの抵抗感は薄れつつあるのかもしれないが、教育上の観点や自身の経験から、あくまで学校を優先すべきという考えも根強い。その賛否は今後も分かれそうだ。
《大木信景》

関連ニュース

特集

page top