KDDI、トヨタ、ナビタイム、携帯電話で検索した位置情報とカーナビ間の情報連携プラットフォームを開発 | RBB TODAY

KDDI、トヨタ、ナビタイム、携帯電話で検索した位置情報とカーナビ間の情報連携プラットフォームを開発

エンタープライズ モバイルBIZ

携帯・カーナビ情報連携プラットフォーム利用イメージ
  • 携帯・カーナビ情報連携プラットフォーム利用イメージ
 KDDI、トヨタ自動車、ナビタイムジャパンは23日、携帯電話とカーナビをシームレスに利用するためのプラットフォームを開発したことを発表した。携帯電話であらかじめ検索した最新のドライブスポットの情報を、車に乗り込んでカーナビゲーションに転送するだけで簡単に目的地として設定するといったことが可能となる。

 このプラットフォームでは、汎用性を高めるために、携帯電話からカーナビゲーションへの通信技術として広く搭載されているBluetoothのOPPプロファイルを採用。位置情報を表示するファイル形式として国際標準規格であるKML形式を採用した。また、転送される位置情報を保有する情報提供者の権利を保護するために、携帯電話から送信可能なカーナビゲーション機種を限定する認証機能を搭載している。

 開発にあたっては、KDDIとナビタイムジャパンが、携帯電話から位置情報をBluetooth通信により送信するシステムを共同で開発した。トヨタは、Bluetoothで情報を受信し、目的地として設定・ルート案内するカーナビゲーション機能の開発を担当した。3社は、au携帯電話の歩行者向けナビゲーションサービス「EZナビウォーク」等で検索した情報をトヨタ純正カーナビゲーションに転送するサービスの提供を検討しており、2009年上期の導入を予定している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top