MS、「法人様向け“Windows 7先行優待キャンペーン”」を実施 〜 Windows Vistaからの移行を推進 | RBB TODAY

MS、「法人様向け“Windows 7先行優待キャンペーン”」を実施 〜 Windows Vistaからの移行を推進

 マイクロソフトは20日、企業におけるデスクトップ環境の戦略的投資支援を目的とした施策として、「法人様向け“Windows7先行優待キャンペーン”」を開始する。

エンタープライズ その他
 マイクロソフトは20日、企業におけるデスクトップ環境の戦略的投資支援を目的とした施策として、「法人様向け“Windows7先行優待キャンペーン”」を開始する。実施期間は6月30日まで。

 具体的には、Windows Vistaを利用している場合、Windows 7の企業向け最上位エディションである「Windows 7 Enterprise」へアップグレードするためのインストール ディスクを、通常よりも大幅に優遇した条件で提供するものだ。3台以上のPCを保有する法人で、Windows Vista Business Software AssuranceならびにWindows Vista Business Upgrade License&Software Assuranceを利用していることが条件となる。

 今後新規に購入される予定のPC、および2008年8月1日以降に購入されたPCについて、Software Assuranceを優待価格12,000円(Open Business(SA、2年間)で購入可能となる。さらに対象となるPCのWindows Vista(Business)OSをWindows 7 Enterprise Editionにアップグレードできる。通常はPC購入後、90日以内にSAを購入する必要があるが、本キャンペーンによりSAを購入可能な期間が延長されることとなる。

 また、2008年7月31日以前に購入したPCについては、U&SAを通常価格に比べて20%安価となる28,500円で購入可能となる。これにより対象となるPCのWindows Vista(Business)OSをWindows 7 Enterprise Editionにアップグレードできる。キャンペーン実施期間中にSAあるいはU&SAを購入すれば、Windows 7の販売開始後、Windows 7 Enterprise Editionの社内展開用ディスクキットがマイクロソフトから無償提供される。

 さらに、現システムからの移行をスムーズにするための「Windows Vista / Windows 7互換性検証ラボ」を開設することもあわせて発表された。5月末日まで、Windows 7への移行を希望する顧客が検証ルームを利用できるもので、設置されたPCやサーバを利用してWindows 7ベータ版上での動作検証環境と常駐するエンジニアによる動作検証結果の分析サポートが提供される。さらに、Windows 7 Enterpriseを解説するセミナーを、約10,000名を対象に全国10か所のロードショー、およびオンラインにて実施する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top