2人に1人が不要なプリインソフトを削除経験あり……PCに関する意識調査 | RBB TODAY

2人に1人が不要なプリインソフトを削除経験あり……PCに関する意識調査

IT・デジタル デスクトップPC

自宅のパソコンを買ったときに最初からインストール(プリインストール)されていたソフト(や機能)
  • 自宅のパソコンを買ったときに最初からインストール(プリインストール)されていたソフト(や機能)
  • 今までパソコンのトラブル(不満)はありましたか?
  • 具体的なトラブルの例
  • パソコンのトラブルを解消・防止するためにとった対策
  • パソコンの買い替えの際に重視する点
  • 「多くのソフトがプリインストールされている有名メーカーのパソコン」と「たくさんのソフトはインストールされておらず有名ではないが、基本性能が高い割には価格が安い、パソコン専門店のショップ系のパソコン」とどちらのPCを購入したいか
 PCショップ「ドスパラ」を運営するサードウェーブは、イードと共同で半年以内にPCの買い替えを検討しているWindows XP/Vistaユーザーを対象に、「PCに関する意識調査」を実施した。PCの購入時に予め多くのソフトがインストールされている多機能PCが市場の多くを占めているが、ユーザーは本当に満足しているのかを明らかにすることが目的。

 まず、「自宅のパソコンを買ったときに最初からインストール(プリインストール)されていたソフト(や機能)」について複数回答で挙げてもらったところ、全体の上位3位は「ワープロソフト」が69.0%、「表計算ソフト」が68.0%、「音楽・動画再生ソフト」が48.0%となった。また、利用率については「ワープロソフト」が52.8%、「表計算ソフト」が57.0%となり、そこから20ポイント以上の差で、「音楽・動画再生ソフト」(32.2%)、「画像編集ソフト」(16.8%)と続いた。ワープロソフトや表計算ソフトといったオフィス系以外のソフトは、あまり活用されていないことが分かった。

 「今まであったパソコンのトラブル」について質問したところ、何らかのトラブルを抱えた経験のあるユーザーは8割に達した。トラブルのトップ3は「自動的に立ち上がるソフトがあるので起動が遅い」(46.5%)、「常駐しているソフトが多く、起動が遅い」(45.4%)、「原因不明のフリーズが多くなった」(37.0)%と、動作の遅れやフリーズに関する内容が占めた。

 次に、トラブルへの対処法について複数回答で質問したところ、「あらかじめ入っていた使わないソフトの削除」が54.1%、「自分でインストールしたが使わなくなかったソフトの削除」が52.9%。不要なソフトを削除し、容量を確保することでトラブルを解決したいという意識があるようだ。

 パソコンの買い替えをする際、重視する点について複数回答で質問したところ、処理速度(84.9%)が第1位に。「起動時の動作遅れ」が大きな不満となっていることから、買い替えのポイントを処理速度に求める傾向にあることが分かる。自宅でPCを利用するシーンを質問したところ、トップ3に「ウェブサイト閲覧」(94.0%)、「メール」(92.7%)、「ネットショッピング・ネットオークション」(69.2%)だった。実用的な中にもスピード感が求められる利用用途が上位に並んでいることからも、処理速度を重視するユーザーのニーズが伺える結果になった。

 最後に、「多くのソフトがプリインストールされている有名メーカーのパソコン」と「たくさんのソフトはインストールされておらず有名ではないが、基本性能が高い割には価格が安い、パソコン専門店のショップ系のパソコン」とどちらのPCを購入したいかを質問。その結果、現在使用しているパソコンが1台目のユーザーの場合、「有名メーカーのパソコン」を選ぶ人が多いが、2台目以降のユーザーは「ショップ系のパソコン」を選ぶ人が多かった。特に買い替えが5台目以上のヘビーユーザーについては、7割以上がショップ系のパソコンを希望しており、パソコンを使いこなすほどに、ユーザーはよりシンプルなマシンを求める傾向にあることがわかる。

 今回のアンケート調査で、多くのユーザーがPCの処理速度に関する不満やトラブルを抱えていることが明らかになったが、サードウェーブではこの結果を受け、機能を厳選し、シンプルながら高パフォーマンスなPCシリーズ「ドスパラPC」で、一般のPC市場に本格的に参入することを発表した。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top