富士通、国際標準化団体TCGの新仕様に対応したHDDセキュリティ技術を開発 | RBB TODAY

富士通、国際標準化団体TCGの新仕様に対応したHDDセキュリティ技術を開発

エンタープライズ その他

 富士通と富士通研究所は28日、セキュリティ技術の向上を目的とした国際標準化団体「Trusted Computing Group」(TCG)による新仕様に対応した、暗号化機能搭載2.5型ハードディスクドライブのセキュリティ技術を開発したことを発表した。

 TCGにより2009年1月27日に発表されたストレージセキュリティの新仕様「Opal Security Subsystem Class(Opal SSC)」に対応したもので、本仕様に対応したHDDとアプリケーションソフトを組み合わせることで、ノートパソコンをはじめ幅広いコンピュータ用途に適した、高度なセキュリティソリューションの実現が可能とのこと。富士通はTCGの主要メンバーとして、Opal SSC仕様の策定を主導する役割を果たしたとのこと。

 Opal SSC仕様に対応したHDDは、アプリケーションソフトと組み合わせることで、「プリブート認証」や「セキュアパーティション」など、高いセキュリティ機能の実現が可能。「プリブート認証」は、PC起動時にユーザ認証をよりセキュアに行う機能。Opal SSC仕様に対応したHDDを使うことにより、WindowsなどOSの起動前に生体認証や、ICカードなど、高度な認証手段の適用が可能となり、従来のキーボードを利用したパスワード入力よりも高いセキュリティ環境が構築できるようになる。「セキュアパーティション」は、HDD内のディスク領域を、いくつかのセキュアな領域に分割し、利用する技術。分割された各領域は、それぞれ異なる暗号鍵により保護され、その領域を所有する正当なオーナーや許可されたユーザに限り利用可能となる。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top