大塚商会、中堅中小企業向けにEMCストレージ製品群の導入サービスを開始 | RBB TODAY

大塚商会、中堅中小企業向けにEMCストレージ製品群の導入サービスを開始

ブロードバンド その他

【上】EMC Celerra NX4【下】EMC Celerra NS20
  • 【上】EMC Celerra NX4【下】EMC Celerra NS20
 EMCジャパンと大塚商会は21日、中堅中小企業向けビジネス強化において、EMCジャパンのパートナー販売支援プログラムを拡張し、大塚商会によるEMCジャパンの中堅中小企業向けストレージ製品群の導入・設計サービスを開始した。

 このサービスはファイル共有専用機「NAS(ネットワーク接続型ストレージ)製品」の販売から設計・設定までの、複数プロセスを一元化し提供するもの。顧客の要件(環境・データ量・可用性など)をヒアリングし、最適なNASシステムの設計・設定作業を行う。対象製品はEMC製Celerra NS20、Celerra NX4で価格は100万円〜(税別)となる。

 EMCジャパンと大塚商会は、昨年7月にパートナー販売支援プログラム「Velocity(ヴェロシティ)パートナー・プログラム」の販売契約をしており、日本全国にビジネスを展開中だが、さらに今回の支援プログラム拡張で大塚商会は、EMCジャパンの技術認定資格「ASNi(Authorized Service Network Implement:オーソライズド・サービス・ネットワーク・インプリメント)」を取得したとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top