NEC、「NGN評価センター」を開設〜NGNミドルウェアパートナープログラム参加企業に開放 | RBB TODAY

NEC、「NGN評価センター」を開設〜NGNミドルウェアパートナープログラム参加企業に開放

 日本電気(NEC)は、具体的な接続性検証環境を提供するため、10月1日「NGN評価センター」を開設することを発表した。

エンタープライズ その他
NGN評価センター
  • NGN評価センター
 日本電気(NEC)は、具体的な接続性検証環境を提供するため、10月1日「NGN評価センター」を開設することを発表した。

 NGN評価センターは、NEC本社ビル(東京都港区)1階「NECプラットフォームイノベーションセンター」内に開設され、帯域や優先度を柔軟に設定できる検証環境を用いて、NGN網の基本機能であるセッション制御/QoS制御を利用したサービスの検証、NGNミドルウェア共通APIを活用したサービスの検証が可能となる。

 NECでは、ミドルウェア領域において、主要なITベンダ10社(EMCジャパン、日本オラクル、サン・マイクロシステムズ、ノベル、日本BEAシステムズ、日本ヒューレット・パッカード、マイクロソフト、ミラクル・リナックス、MontaVista Software, Inc.、レッドハット)と本年3月から、「NGNミドルウェアパートナープログラム」を開始しており、NGN評価センターはこれら参加企業に開放されるという。

 これにより各参加企業は、自社が提供予定のサービスに対して、(1)ITU-T準拠のNGNとのインターオペラビリティ(相互接続性)の確認、(2)NGNのQoS制御を用いた機能の最適化等の技術的な検証作業、(3)ユーザ価値の確認などの商業的な検証作業が可能になる。

 今後は、NGNミドルウェア共通APIを、インターネット経由で利用できる環境もパートナー向けに提供し、NGN評価センターに機器を持ち込むことなく、サービスの検証を可能にする予定とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top