大塚商会ら3社、Windows Server 2008のNAP機能を利用した「検疫システム導入スターターパック」 | RBB TODAY

大塚商会ら3社、Windows Server 2008のNAP機能を利用した「検疫システム導入スターターパック」

 大塚商会、アライドテレシス、およびマイクロソフトは24日、大塚商会が10月より提供を開始する中小企業向けセキュリティソリューション「検疫システム導入スターターパック」を共同開発したと発表した。価格は99万8,000円から(税別)。

エンタープライズ その他
NAPを利用した検疫システム概要
  • NAPを利用した検疫システム概要
 大塚商会、アライドテレシス、およびマイクロソフトは24日、大塚商会が10月より提供を開始する中小企業向けセキュリティソリューション「検疫システム導入スターターパック」を共同開発したと発表した。価格は99万8,000円から(税別)。

 検疫システム導入スターターパックは、Windows Server 2008に標準搭載されたNAP機能やActive Directoryとアライドテレシスのフロアスイッチ「CentreCOM 9424T/SP-E」を組み合わせ、さらに大塚商会による導入支援サービスが受けられるというもの。

 今後は、3社で共同マーケティングを行い、セミナー開催などの販促活動を進めることで初年度100社への提供を見込んでいる。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top