NTTとマイクロソフト、「SaaS over NGN」で協業推進 | RBB TODAY

NTTとマイクロソフト、「SaaS over NGN」で協業推進

エンタープライズ その他

【左】NTT代表取締役副社長 宇治則孝氏【右】マイクロソフト コーポレーションCOO ケビンターナー氏
  • 【左】NTT代表取締役副社長 宇治則孝氏【右】マイクロソフト コーポレーションCOO ケビンターナー氏
 日本電信電話(NTT)とマイクロソフトは10日、ネットワークとアプリケーションの融合によるサービス創造を目指し、「SaaS over NGN」のテーマのもと戦略的な協業を開始することで合意した。

 両社は相互協力を通じて、NTTのICT(情報通信技術)とマイクロソフトのアプリケーションを連携することにより、革新的なサービスの実用化を目指すとのこと。取組みの1つとして、NTTグループのSaaS基盤上に、アプリケーションパートナーとしてマイクロソフトが参画し、SaaS型ビジネスの事業化を共同検討していく。

 NTTグループは、本年5月に公表したあらたな中期経営戦略において、次世代ネットワーク(NGN)およびモバイルを中心としたICT基盤を積極的に拡充し、あらたなブロードバンド・ユビキタスサービスを実現する「サービス創造グループ」を目指すとし、SaaS基盤を活用した利便性の高いSaaSを提供する「SaaS over NGN」を推進している。一方、マイクロソフトは、従来型の「ソフトウェア」の機能性と、急速な発展が見込まれるSaaS/クラウド型の「サービス」の有用性の最適な組み合わせによる「ソフトウェア+サービス」を推進している。
 
 今後はNTTグループ各社、マイクロソフト米国本社・日本法人による検討チームを発足させ、グローバル展開も視野に入れ、SaaS型ビジネスの具体化に向けた検討を進めていく予定だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top