NEC、研究者2名がNGN標準化推進機関MSFより「Circle of Excellence Award」を受賞 | RBB TODAY

NEC、研究者2名がNGN標準化推進機関MSFより「Circle of Excellence Award」を受賞

 NECは3日、同社の谷口邦弘氏と井上哲夫氏が国際機関「MSF(Multi Service Forum)」の「Circle of Excellence Award」を受賞したことを公表した。MSFは、次世代ネットワーク(NGN)やオープンアーキテクチャの標準化を推進する機関であり、同賞はNECとして初受賞となる。

ブロードバンド その他
 NECは3日、同社の谷口邦弘氏と井上哲夫氏が国際機関「MSF(Multi Service Forum)」の「Circle of Excellence Award」を受賞したことを公表した。MSFは、次世代ネットワーク(NGN)やオープンアーキテクチャの標準化を推進する機関であり、同賞はNECとして初受賞となる。

 Circle of Excellence Awardは、MSFが2年に一度主催する相互接続検証試験「GMI2008(Global MSF Interoperability)」に参画したベンダの中から、特に功績が認められた個人に対し贈られる賞であり、NECの2名はIMS(IP Multimedia Subsystem、IPマルチメディア・サブシステム)ベースIPTV、QoS制御、SOAの相互接続検証における貢献が認められたとのこと。「GMI2008」は、NGN関連の最新の国際標準規格を実装した各社の機器を、マルチベンダ環境で相互接続性を検証することにより、NGNのグローバルスタンダード化を推進する取り組みだ。検証試験は10月20日〜31日の間、米国・英国・中国の計5サイトにて実施され、世界の主要な通信機器ベンダ20社が製品を提供し検証試験に参加した。

 谷口邦弘氏は、MSFが規定するIPTVテストシナリオとインターフェイス文書のエディタとして文書の作成と各社実装条件の取りまとめを担当し、IMS製品、IPTV製品の相互接続のための実装条件の技術的な研究を主導した。一方、井上哲夫氏はNECが参加したボストンにあるVerizon社提供サイトにて、同サイトに参加した通信機器ベンダから提供された各社製品との相互接続試験を担当し、IMSベースIPTVのVoD、QoS制御、SOAの相互接続検証を実行した。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top