NTTデータ、データ入力・検索支援「i-lligraサジェスト」販売開始〜文脈を理解して気付きを誘導 | RBB TODAY

NTTデータ、データ入力・検索支援「i-lligraサジェスト」販売開始〜文脈を理解して気付きを誘導

 NTTデータは21日より、データ入力・検索支援パッケージソフト「i-lligra(アイリグラ)サジェスト」の販売を開始する。

エンタープライズ モバイルBIZ
単語ベースのサジェスト機能
  • 単語ベースのサジェスト機能
  • 自然文のサジェスト機能
 NTTデータは21日より、データ入力・検索支援パッケージソフト「i-lligra(アイリグラ)サジェスト」の販売を開始する。

 i-lligraサジェストは、独自の文章理解エンジンで文章の構造をとらえる処理により、ユーザーの文章を予想し、最適な次の入力候補語を表示することで、入力速度の向上や入力品質の均一化が図るというもの。自然文の係り受け構造を理解し、文章の話題をとらえて関連情報を表示させることで、効率的に最適な検索を行ったりすることも可能となる。また、入力した文章に関連する候補語や情報を自動で表示することで、文章に潜在する情報を顕在化し、ユーザにあらたな“気づき”を誘導することが可能になるという。

 また、既存Webアプリケーションに簡易に組み込むためのAPIが提供されており、業務システムや一般Webサイトに組み込むことで、ユーザの入力作業や検索作業を支援し、業務効率化やユーザビリティの向上が図れるとのこと。

 なお導入実績としては、NTT東日本リモートサポートセンターにてオペレータの応対履歴入力支援およびFAQ検索としてすでに利用されている。またNTTデータの電子電話帳(NTTデータ社員を検索するシステム)への導入が決定している。今後は業界を問わずに日本語テキスト入力や情報検索が頻繁に発生するサービスシーンに展開していきたいとのこと。同社ではi-lligraサジェストで、平成24年度までに累計で10億円の売上規模を目指すとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top