いつでもどこでもインターネット接続できる無線LANアクセスポイントデバイス | RBB TODAY

いつでもどこでもインターネット接続できる無線LANアクセスポイントデバイス

 ウィルコム、バッファロー、三洋電機の3社は9日、携帯可能な家庭用無線LANアクセスポイントデバイス「どこでもWi-Fi(ワイファイ)」を発表。2009年春を目途に発売する。価格は未定。

IT・デジタル その他
どこでもWi-Fi
  • どこでもWi-Fi
  • バッテリには三洋電機の「eneloop」を採用
 ウィルコム、バッファロー、三洋電機の3社は9日、携帯可能な家庭用無線LANアクセスポイントデバイス「どこでもWi-Fi(ワイファイ)」を発表。2009年春を目途に発売する。価格は未定。

 同製品は、ウィルコムの超小型通信モジュール「W-SIM(ウィルコム シム)」を搭載するバッファロー製の無線LANアクセスポイントデバイス。無線LANのアクセスポイントがない場所でも、全国99.4%をカバーするウィルコムのPHSネットワークを利用し、インターネットや無線LANに対応した携帯ゲーム機でのネット対戦ゲームなどを楽しめる

 バッファローが開発したプッシュボタン方式の無線LAN簡単設定システム「AOSS」を搭載。ニンテンドーDSやPSPなどの携帯ゲーム機やiPod touchなどを簡単かつ安全に接続できる。また、低消費電力というPHSの特性を活かし、バッテリには通信デバイスとしては初めて三洋電機の単3形充電池「eneloop」を採用。「約1,000回の繰り返し利用が可能」なので、経済性や環境配慮に優れている。さらに、自己放電を抑えあらかじめ充電してあるので、買ってすぐに使用できる。専用充電器をセットで同梱する。

 無線LANはIEEE802.11b/g準拠。最大通信速度は204kbps。本体サイズは幅70×高さ110×奥行き30mm。重さは約270g(eneloop×4本含む)。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top