無線LANのトラヒック診断サービス、スペクトラム・テクノロジーが提供開始 | RBB TODAY

無線LANのトラヒック診断サービス、スペクトラム・テクノロジーが提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

無線LAN「見える化サービス」の概要
  • 無線LAN「見える化サービス」の概要
  • 「無線LANのアクセスポイントの見える化(トラヒック診断サービス)」の概要
  • 「無線LANのアクセスポイントの見える化(トラヒック診断サービス)」の概要
 スペクトラム・テクノロジーは7日、「無線LANのアクセスポイントの見える化(トラヒック診断サービス)」を発表した。8日より提供を開始する。

 「無線LANのアクセスポイントの見える化(トラヒック診断サービス)」は、企業内に設置されたアクセスポイントをモニターし、無線APの性能、品質の見える化を行うサービスだ。無線APの混雑状況、接続している端末の状況を診断し、無線APの増設が必要か、不正アクセス端末の有無を調査・報告する。

 調査内容は、無線APのチャンネル使用率(時間別、プロトコル別、周辺AP含む)、端末同時接続数(時間別、端末別)、エラー発生状況(再送、切断)、トラヒック状況(バブルマップ、ヒートマップ)、送信元エリアマップ、ネットワーク関連図(不正サイトへの接続)など。

 無線LANを設置している中小企業を対象に提供を行う。料金は無線AP1台につき5万円(データの取得時間は1時間)。複数台については個別見積もり。サービス提供エリアは東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬。

 なお同社では、無線LANについて「電波の見える化(電波診断サービス)」「セキュリティの見える化(セキュリティ診断サービス)」を提供しており、あわせてセット割引キャンペーンを実施する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top