MSI、ミニノートPC「U100」の機能強化モデルと8.9型液晶搭載モデル | RBB TODAY

MSI、ミニノートPC「U100」の機能強化モデルと8.9型液晶搭載モデル

 エムエスアイコンピュータージャパンは、インテルのAtomプロセッサを搭載したミニノートPC「MSI Wind Notebook」シリーズに、2008年7月に発売した従来モデル「U100」の機能強化版「U100 Extra」と、8.9型液晶パネルを採用した「U90」を発表。

IT・デジタル ノートPC
U100 Extra
  • U100 Extra
  • U90
 エムエスアイコンピュータージャパンは、インテルのAtomプロセッサを搭載したミニノートPC「MSI Wind Notebook」シリーズに、2008年7月に発売した従来モデル「U100」の機能強化版「U100 Extra」と、8.9型液晶パネルを採用した「U90」を発表。数量限定で10月4日から順次発売する。価格はオープンで、予想実売価格はU100 Extraが69,800円前後、U90が49,800円前後。

 U100 Extraの強化された機能として、IEEE802.11b/g/n Draft2.0対応無線LANモジュールやBluetooth2.0+EDRモジュール、容量160GBのHDD、6セルバッテリーを標準で搭載。さらに、メインメモリは出荷時に1GB増設を行い2GBになっている。バッテリ駆動時間は約5時間。

 カラーは、光沢のある黒色を採用した「エンパイアブラック」(U100 Extra-BLACK)と、パールホワイトの筐体にハートのグラフィックをあしらった「ウィンドフォーラブ」(U100 Extra-HEART)の2 色。BLACKモデルは10月4日、HEARTモデルは10月10日に発売される。

 スペックの詳細は以下のとおり。

●U100 Extra
OS:Windows XP Home Edition SP3
ディスプレイ:10型液晶(WSVGA、1,024×600ピクセル)
CPU:Atom プロセッサ(1.6GHz)
チップセット:Intel GMA950
HDD:160GB
メモリ:2GB
光学ドライブ:なし
無線LAN:IEEE802.11b/g/nドラフト2.0準拠
インターフェース:USB×3/ミニD-sub15ピン/ LANコネクタ/メモリカードスロットなど
そのほかの機能:Bluetooth2.0+EDR/130万画素webカメラなど
バッテリ駆動時間:約5時間
本体サイズ:幅260×高さ19〜31.5×奥行き180mm
重さ:約1kg(バッテリ含まず)

 U90は、U100の兄弟機としてキーピッチ17.5mmのキーボードはそのままに採用した8.9型液晶搭載のミニノートPC。カラーは光沢のある黒色「エンパイアブラック」(U90-BLACK)を採用。バッテリ駆動時間は約2時間半になる。10月4日発売。

 スペックの詳細は以下のとおり。

●U90
OS:Windows XP Home Edition
ディスプレイ:8.9型液晶(WSVGA、1,024×600ピクセル)
CPU:Atom プロセッサ(1.6GHz)
チップセット:Intel GMA950
HDD:80GB
メモリ:1GB
光学ドライブ:なし
無線LAN:IEEE802.11b/g準拠
インターフェース:USB×3/ミニD-sub15ピン/ LANコネクタ/メモリカードスロットなど
そのほかの機能:30万画素webカメラなど
バッテリ駆動時間:約2時間半
本体サイズ:幅260×高さ19〜31.5×奥行き180mm
重さ:約1kg(バッテリ含まず)

 なお、店頭では10月1日正午から全モデルの予約を開始する。


※初出時において、U90のHDD容量に誤りがありました。読者の皆さまおよび関係者の皆さまにお詫びを申し上げるとともに、ここに訂正させていただきます。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top