バッファローが業務向け監視カメラ市場に新製品投入 | RBB TODAY

バッファローが業務向け監視カメラ市場に新製品投入

IT・デジタル セキュリティ

カメラ4台と2TBのレコーダーがセットになった「CR1000-02-B14」は235,000円(画像はプレスリリースより)
  • カメラ4台と2TBのレコーダーがセットになった「CR1000-02-B14」は235,000円(画像はプレスリリースより)
  • カメラは最大解像度は4M(2,560×1,440),最低照度はカラーで0.05lxに対応する(画像はプレスリリースより)
  • 2TBのレコーダーには、PoEポート×4、映像出力はHDMI×1、VGA×1を備える(画像はプレスリリースより)
 バッファローは22日、小規模店舗・オフィス向け監視カメラシステム「Surcam(サーカム) CR1000シリーズ」を8月下旬から発売することを発表した。

 レコーダーとカメラ一式をセットとしたもので、店舗やオフィスへの監視カメラシステムを低価格で提供していくという。

 PoE仕様のネットワークカメラ(2台/4台)、2TB HDDを搭載したレコーダーで構成されており、別途レコーダー接続用のモニターを用意するだけで、ケーブル設置後すぐに使用することができる。

 カメラの仕様は400万画素(2,560x1,440ピクセル)、PoE駆動、屋外設置可能。赤外線照射による暗所撮影にも対応する。

 価格は税抜きで、カメラ4台セット「CR1000-02-B14」が235,000円、カメラ2台セット「CR1000-02-B12」が195,000円となっている。
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top