被写体の顔をメイクアップして撮るデジカメ!? カシオ、「EXILIM」新モデル | RBB TODAY

被写体の顔をメイクアップして撮るデジカメ!? カシオ、「EXILIM」新モデル

 カシオ計算機は20日、デジタルカメラ「EXILIM」の新製品として、人物の顔をメイクアップするように美しく撮影できるという機能を搭載する2製品を発表した。いずれも価格はオープンで、8月29日より順次販売する。

IT・デジタル デジカメ
EX-Z300シリーズ
  • EX-Z300シリーズ
  • EX-Z250シリーズ
 カシオ計算機は20日、デジタルカメラ「EXILIM」の新製品として、人物の顔をメイクアップするように美しく撮影できるという機能を搭載する2製品を発表した。いずれも価格はオープン。予想実売価格は、有効1,010万画素の上位モデル「EX-Z300」が40,000円、有効914万画素の下位モデル「同Z250」は35,000円。8月29日より順次販売する。

 今回発表された2製品はいずれも、同社新開発の画像処理エンジン「EXILIMエンジン3.0」を搭載し、画質の向上を図ったコンパクトデジタルカメラ。同エンジンによる新機能として、被写体の顔を認識して肌のコンディションを滑らかに整えたり、日差しによる顔の影を和らげるなどの画像処理を行える「メイクアップ」機能のほか、手ブレ補正をしながら人物と夜景を明るく綺麗に撮影するという「手持ち夜景撮影」、逆光で顔が暗くなってしまう時などをカメラが自動判別して、明暗のバランスを最適化する「ライティング撮影」などの機能を搭載。メイクアップ機能では、画像処理レベルを12段階で選択できるほか、液晶ディスプレイで効果を確認しながら撮影可能。なお、上位モデルのEX-Z300は、ボタンひとつで操作できる「メイクアップボタン」を搭載する。また、EX-Z300のみの機能として、動いている被写体を連写して1枚の写真に合成できる「マルチモーション撮影」機能を搭載する。

 2製品共通の仕様として、広角28mm/光学4倍ズームレンズを搭載し、CCDシフト方式の手ブレ補正機能を採用。液晶ディスプレイは解像度960×240ピクセルの3型液晶を装備する。記録メディアは、38.5MBの内蔵メモリのほか、SD(SDHC)メモリーカード/MMCに対応。ISOは最大3,200に対応する。また、動画撮影機能では、上位モデルEX-Z300は最大解像度1,280×720ピクセル(24fps)に対応している。

 そのほか、2製品の仕様詳細は以下のとおり。

●EX-Z300
・撮像素子:1/2.3型正方画素CCD
・レンズ:28〜112mm/F2.6(W)〜F5.8(T)
・撮影枚数:約300枚
・連続駆動時間(静止画):約7時間50分
・本体サイズ:幅96.9×高さ57.6×奥行き23mm
・重さ:約131g
・カラー:シルバー/ピンクゴールド/ブラック

●EX-Z250
・撮像素子:1/2.5型正方画素CCD
・レンズ:28〜112mm/F2.6(W)〜F5.9(T)
・撮影枚数:約280枚
・連続駆動時間(静止画):約6時間40分
・本体サイズ:幅96.7×高さ57.3×奥行き19.9mm
・重さ:約119g
・カラー:シルバー/ピンク/ゴールド/レッド/ブルー
《花》

関連ニュース

特集

page top