【ビデオニュース】有効画素数4000万画素の中判デジタルカメラ「PENTAX 645D」 | RBB TODAY

【ビデオニュース】有効画素数4000万画素の中判デジタルカメラ「PENTAX 645D」

 ペンタックスのタッチアンドトライコーナーには、有効画素数4000万画素で大判の約44×33mmCCD採用の「PENTAX 645D」が用意されていた。

IT・デジタル フォトレポート
【ビデオニュース】有効画素数4000万画素の中判デジタルカメラ「PENTAX 645D」
  • 【ビデオニュース】有効画素数4000万画素の中判デジタルカメラ「PENTAX 645D」
  • 【ビデオニュース】有効画素数4000万画素の中判デジタルカメラ「PENTAX 645D」
  • 【ビデオニュース】有効画素数4000万画素の中判デジタルカメラ「PENTAX 645D」
  • 【ビデオニュース】有効画素数4000万画素の中判デジタルカメラ「PENTAX 645D」
  • 【ビデオニュース】有効画素数4000万画素の中判デジタルカメラ「PENTAX 645D」
  • 【ビデオニュース】有効画素数4000万画素の中判デジタルカメラ「PENTAX 645D」
  • ペンタックスの4,000万画素中判デジタル一眼「645D」
  • 標準レンズ「smc PENTAX-D FA645 55mmF2.8AL[IF] SDM AW」
 ペンタックスのタッチアンドトライコーナーには、有効画素数4000万画素で大判の約44×33mmCCD採用の「PENTAX 645D」が用意されていた。カメラの底部と側面に三脚ねじ穴を装備して、プロの効率良い撮影をサポート。デュアルSD/SDHCメモリーカードスロットを搭載する。(詳細記事

《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top