実売20,000円で有効画素数1,010 万画素のコンパクトデジタルカメラ | RBB TODAY

実売20,000円で有効画素数1,010 万画素のコンパクトデジタルカメラ

 HOYAは29日、エントリーモデルながら有効画素数1,010万画素のコンパクトデジタルカメラ「PENTAX Optio E60」を発表。8月7日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は20,000円前後。

IT・デジタル デジカメ
PENTAX Optio E60
  • PENTAX Optio E60
  • 背面
 HOYAは29日、エントリーモデルながら有効画素数1,010 万画素のコンパクトデジタルカメラ「PENTAX Optio E60」を発表。8月7日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は20,000円前後。

 新たに32〜96mm相当(35mm判換算)の光学3倍ズームレンズを搭載。E50の37.5〜112.5mm相当と比べより広角撮影に対応し、風景や大きな建造物、狭い場所での集合写真の撮影などに便利だという。また、光学ズームの画質を維持したまま、さらに拡大撮影できるインテリジェントズーム機能を備え、最大で約17.1倍相当の高倍率ズーム撮影ができる。

 バッテリは入手しやすい単3形乾電池×2本を採用。省電力設計により、アルカリ電池使用時で約200枚撮影できる。

 そのほかの機能として、カメラが撮影モードを自動的に選択してくれる「オートピクチャー」モード、画面内の人物の顔を自動検知してピント合わせなどを行う顔認識AF&AE、手ブレや被写体ブレを軽減する「Digital SR」モードなどを搭載。Digital SRモード時の最高感度はISO6,400になる。

 開放F値はF2.9〜5.2。感度はISO100〜6,400。シャッター速度は1/2,000〜1/4秒。ディスプレイは2.4型液晶。インターフェースはUSB2.0/AV端子。内蔵メモリ容量は約6.3MBで、SD/SDHCメモリーカードに対応する。本体サイズは幅98×高さ59×奥行き25mmで、重さは130g。付属品はUSBケーブル/AVケーブル/ストラップなど。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top