ソニー、世界最薄! タッチパネルで撮影できる新「サイバーショット」——光学手ブレ補正搭載 | RBB TODAY

ソニー、世界最薄! タッチパネルで撮影できる新「サイバーショット」——光学手ブレ補正搭載

IT・デジタル デジカメ
DSC-T700(手前からグレー/シルバー/ゴールド/ピンク/レッド)
  • DSC-T700(手前からグレー/シルバー/ゴールド/ピンク/レッド)
  • DSC-T77(左からブラック/シルバー/グリーン/ピンク/ブラウン)
  • 2製品ともタッチパネル式液晶を搭載(写真はDSC-T700)
 ソニーは7日、コンパクトデジタルカメラ「サイバーショット」の新ラインアップとして、薄型デザインで光学式手ブレ補正機能を搭載する「DSC-T700」「DSC-T77」の2製品を発表した。いずれも価格はオープンで、予想実売価格はDSC-T700が45,000円、DSC-T77は38,000円。9月5日発売。

 2製品はいずれも、薄型デザインながら有効1,010万画素CCD/光学4倍ズームおよび光学式手ブレ補正機能を搭載したコンパクトデジカメ。DSC-T77は、光学手ブレ補正機能を搭載したカメラとしては世界最薄となる厚さ13.9mm(最薄部)のステンレス筐体を採用する。また、2製品ともポップな本体カラーを採用。DSC-T700はレッド/ピンク/ゴールド/シルバー/グレー、DSC-T77はブラック/シルバー/グリーン/ピンク/ブラウンの各5色のバリエーションを用意する。

 2製品共通の仕様として、直感的に操作できるタッチパネル式液晶を搭載。任意の場所をタッチするだけでピント合わせが可能で、人物撮影時には、撮りたい顔にタッチするだけで顔検出機能「顔キメ」がオンになり、フォーカス・露出・ホワイトバランス・色味・フラッシュ光量などを自動的に調整して撮影できる。液晶サイズはDSC-T700が3.5型ワイド、DSC-T77は3型ワイド。

 機能面では、大人と子供の顔を自動で判別する「スマイルシャッター」や、シーンを自動認識して撮影設定を最適化する「おまかせシーン認識」機能を従来機より継承。スマイルシャッター機能では、撮影画面のアイコンをタッチするだけで撮影できるようになったほか、光学ズームを使用可能とするなどの改良を加えている。また、おまかせシーン認識機能では、撮影頻度の高い「人物」「風景」「マクロ」を新たに加えた8つのシーンに対応した。そのほか、撮影モード「シーンセレクション」に、新たに「料理」モードを追加している。

 2製品とも、撮像素子は1/2.3型1,030万画素のSuper HAD CCD。レンズはカールツァイス「バリオ・テッサー」で、焦点距離は35mm換算で35-140mm。ISO感度は最大3,200に対応する。記録メディアは内蔵メモリのほかメモリースティック デュオ/メモリースティックPROデュオ/メモリースティックPRO-HGデュオに対応。画像処理エンジンはBIONZを搭載する。

 DSC-T700のメモリ容量は4GB。本体サイズは幅95×高さ58.4×奥行き16.4mm、重さは約135g(バッテリ含まず)。DSC-T77のメモリ容量は15MB。本体サイズは幅93.6×高さ57.2×奥行き15mmで、重さは126g(バッテリ含まず)。
《花》

関連ニュース

特集

page top