リコー、3型液晶ディスプレイや電子水準器を搭載する1,000万画素のコンパクトデジカメ | RBB TODAY

リコー、3型液晶ディスプレイや電子水準器を搭載する1,000万画素のコンパクトデジカメ

IT・デジタル デジカメ

R10(ブラックモデル)
  • R10(ブラックモデル)
 リコーは19日、3型HVGA液晶ディスプレイや電子水準器を採用したコンパクトデジタルカメラ「R10」を発表。9月5日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は50,000円前後。カラーはブラック/シルバー/ブラウンの3色を用意する。

 同製品は、2008年3月7日発売の有効1,000万画素で光学7.1倍ズームレンズを搭載する「R8」の後継モデル。R8の特徴を継承しつつ、3型46万ピクセルのHVGA液晶ディスプレイや加速度センサーを利用した電子水準器、任意の画像をすぐに呼び出せる画像クリップ機能を搭載するなど、多彩な機能が強化されている。

 有効約1,000万画素の1/2.3型CCDを搭載。画像処理エンジン「スムースイメージングエンジンIII」と合わせて、ノイズの少ない高画質の撮影が可能だという。また、最薄部22.6mmボディに28〜200mm/F3.3〜F5.2の光学7.1倍ズームを装備する。

 登録した設定をワンプッシュで切り替えられる「Fn(ファンクション)ボタン」を新たに搭載。オート撮影モード時に「ターゲット移動」や「AEロック」などよく使うものを選択して登録でき、撮影時にFnボタンを押すだけで、すばやい機能の切り替えができる。そのほか、シンプルな操作で撮影できる「イージー撮影モード」、撮影時にカメラが自動的に階調を補正する「自動レベル補正」、フラッシュの光量を調整できる「フラッシュ調光補正」、手ブレを感知するとCCDがそれを打ち消す方向に動いて補正する「CCDシフト方式手ブレ補正」、被写体の顔を自動的に認識してピントや露出、ホワイトバランスを最適化する「フェイスモード」などの機能を備える。

 シャッタースピードは1/2,000〜8秒。ISOは80〜1,600。内蔵メモリは約54MBで、記録メディアはSDメモリーカード/SDHCメモリーカード。バッテリはリチウムイオン電池で、フル充電時の撮影枚数は約300枚。本体サイズは幅102×高さ58.3×奥行き26.1mm、重さは168g。付属品はバッテリチャージャー/AVケーブル/USBケーブルなど。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top