活性化する屋内位置情報ビジネス!リコーが新規参入 | RBB TODAY

活性化する屋内位置情報ビジネス!リコーが新規参入

ビジネス 企業

病院における位置情報測位のイメージ。医師、患者、医療機器などの位置情報をクラウド経由で確認でき、電子カルテシステムなど既存システムと連携することで、業務効率の最適化を実現(画像はプレスリリースより)
  • 病院における位置情報測位のイメージ。医師、患者、医療機器などの位置情報をクラウド経由で確認でき、電子カルテシステムなど既存システムと連携することで、業務効率の最適化を実現(画像はプレスリリースより)
  • リコーが提供する位置情報システムのイメージ。ユーザーのニーズに合わせた屋内測位技術を提案し、さまざまな業界において、業務効率や生産性の向上等を実現していくとのこと(画像はプレスリリースより)
 リコーは1日、屋内の非GPS環境下での位置情報ビジネスに参入することを発表した。その第一弾として、医療従事者や患者の動きを把握する医療施設向けサービスを提供していく。

 屋内測位技術としては、RFID(Active)方式、音波方式、Bluetooth Low Energy(BLE)方式を用いて、業種や業態別に最適な方式を提案する。

 参入第一弾として、6月から北海道札幌市の札幌道都病院において、医療従事者・患者の動きを把握する病院向けサービスを提供。人や物の位置情報と電子カルテシステムを連携して、患者、医師・看護師、医療機器の位置情報の把握を実現することで、業務効率の向上と医療事故の未然防止を両立させる。

 同社は今後、医療施設向け以外でも小売店舗のPOSシステムや工場の生産管理システムなど、各業種固有の基幹システムとの連携したソリューションの提供を行っていく。
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top