ソフトバンクBB、携帯電話を利用した本人認証パッケージ「SyncLock for OWA」提供開始 | RBB TODAY

ソフトバンクBB、携帯電話を利用した本人認証パッケージ「SyncLock for OWA」提供開始

 ソフトバンクBBは8月中旬より、携帯電話を使った本人認証ソリューション「SyncLock(シンクロック)」を使った本人認証専用の簡易導入パッケージサービス「SyncLock for OWA」の提供を開始する。

エンタープライズ モバイルBIZ
SyncLock for OWAのサービスイメージ
  • SyncLock for OWAのサービスイメージ
  • 認証画面の例
 ソフトバンクBBは8月中旬より、携帯電話を使った本人認証ソリューション「SyncLock(シンクロック)」を使った本人認証専用の簡易導入パッケージサービス「SyncLock for OWA」の提供を開始する。

 「SyncLock(シンクロック)」は、ID・パスワードの代わりに携帯電話を利用可能とする独自の認証基盤システム。「SyncLock for OWA」では、マイクロソフトのExchange Server 2003/2007において「Outlook Web Access(OWA)」を利用する際に、「SyncLock(シンクロック)」を従来のID・パスワードに代わる認証方式として利用することで、これまで以上に強固なセキュリティの高い環境下で「Outlook Web Access」を利用可能とする。これにより、外出先からのメール確認を社員に許可している企業に、簡単でしかも安価に本人認証システム導入が可能となる見込みだ。

 携帯電話は、偽造やコピーがしにくく、各個々人との結びつきも強いデバイスのため、ログイン時の認証を、PCと携帯電話を使った2つの経路のシンクロ認証とすることで、セキュリティがさらに強化されるとのこと。また認証専用のトークンやデバイスの必要がないため、新規であっても本人認証システムを導入しやすいとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top