日本通信がNTT東にサービス提供……固定とモバイルの垣根を超えたサービスを推進 | RBB TODAY

日本通信がNTT東にサービス提供……固定とモバイルの垣根を超えたサービスを推進

ブロードバンド 回線・サービス

「b-mobile FMC for フレッツ光」
  • 「b-mobile FMC for フレッツ光」
  • 料金について
 日本通信は27日、NTT東日本のユーザー向けに、フレッツ光用ISPサービスと3Gモバイル通信用SIMを組み合わせたサービス、「b-mobile FMC for フレッツ光」を提供すると発表した。併せて、NTT東日本との間で、b-mobile FMCをNTT東日本が販売する販売委託、およびb-mobile FMCの料金をNTT東日本が回収代行を行う契約を締結したとしている。なお、同サービスは2月1日から申込受付を開始する予定。

 「b-mobile FMC for フレッツ光」は、NTT東日本のフレッツ光用ISPサービスと、b-mobile SIMを組み合わせたサービスで、合計月額1,560円で利用できる。これにより、「フレッツ光」、日本通信がb-mobile SIMとセットで提供する「フレッツ光用ISPサービス」、モバイルWi-Fiルーター「光ポータブル」、光ポータブルに装着する「b-mobile SIM」の4点をセットにしてNTT東日本に申し込むことが可能となる。

 上記をセットにすることで、家ではフレッツ光のWi-Fiを利用でき、外出時には光ポータブルのWi-Fiを利用できることから、いつでもどこでもインターネットを楽しめるという。さらに、フレッツ光ネクストのマンションタイプであれば、上記4セットを全て含めて月額5,445円で利用できるとのこと。

 日本通信は、固定網とモバイル網とを意識することなく、家の内外でシームレスにインターネットを利用できるFMC(Fixed Mobile Convergence)を、NTT東日本と強力に推進していくとしている。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top