ソニー、ブラビアリンク対応のAVラック型シアターシステム——「ウォークマン」との接続にも対応 | RBB TODAY

ソニー、ブラビアリンク対応のAVラック型シアターシステム——「ウォークマン」との接続にも対応

IT・デジタル その他

RHT-G900
  • RHT-G900
 ソニーは、「ブラビアリンク」対応のAVラック型シアターシステムの新製品として、携帯オーディオプレーヤー「ウォークマン」との接続にも対応する「RHT-G900」を4月21日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は110,000円。

 同製品は、フロント×2基/センター/サラウンド×2基のスピーカーを本体前面に搭載し、「包み込まれるような臨場感を再現する」という同社独自のフロントサラウンド技術「S-Force PROフロントサラウンド」を採用する5.1chシアターシステム。本体底に設置したサブウーハーは、床などへの振動伝播の低減を図った「バイブレーション・キャンセリング・サブウーハー」を採用。アンプは最大総合出力470Wの32ビットフルデジタル「S-Master」を搭載する。

 サウンドモードは「STANDARD」「MOVIE」「NEWS」「SPORTS」「GAME」「MUSIC」など12種類を搭載。各モードは任意に選択できるほか、デジタル放送視聴時にはEPG情報に応じて自動的に切り替える「オートジャンルセレクター」機能を装備する。

 HDMI端子は入力×3/出力×1を装備し、液晶テレビ「BRAVIA」との連携が可能な「ブラビアリンク」に対応。BRAVIAのリモコン操作により出力音声の切り替えや音量調節、電源ON/OFFなどが行える。

 そのほか、ウォークマンとの接続に対応するデジタルメディアポート端子を装備。ウォークマン用のクレードル型音声出力アダプタ「TDM-NW10」(別売、予想実売価格6,000円)を利用することで、ウォークマンの音楽再生・充電が可能。RHT-G900の付属リモコンからの基本操作にも対応する。

 RHT-G900のスペック詳細は以下のとおり。

●RHT-G900
・実用最大出力
  フロント/サラウンド:70W×2ch
  センター:70W
  サブウーハー:120W
・対応フォーマット:ドルビーデジタル/DTS/ドルビープロロジック/ドルビープロロジックII/MPEG-2 AAC/リニアPCM(2ch/5.1ch/7.1ch)
・インターフェース:HDMI(入力×3/出力×1)/デジタル音声入力(光×3/同軸×1)/アナログ音声入力など
・本体サイズ:幅1,115×高さ500×奥行き400mm
・重さ:54g
《花》

関連ニュース

特集

page top