東レ、カラー有機ELディスプレイ用の高効率・高色純度の青色発光材料を開発 | RBB TODAY

東レ、カラー有機ELディスプレイ用の高効率・高色純度の青色発光材料を開発

IT・デジタル テレビ

 東レは7日、フルカラー有機ELディスプレイ用に、世界最高レベルの高効率・高色純度を有する青色発光材料の開発に成功したと発表。早期の実用化に向けて開発を加速していく。

 次世代フラットパネルディスプレイとして注目されているカラー有機ELは、低消費電力化が必要。その実現のために低駆動電圧・高効率発光を実現する材料の開発が求められている。

 だが、フルカラー3原色のうち、唯一青色との組み合わせにおいて、用いる青色発光材料によっては発光特性が低下する課題があった。今回開発した青色発光材料は、独自の分子設計技術とナノ分散技術の融合により、同社電子輸送材料との組み合わせることで、発光効率6cd/A(カンデラ/アンペア) 、色純度(CIE(x,y)=(0.14,0.10))という優れた発光特性を実現したという。
《羽石竜示》

関連ニュース

特集

page top