住友電工ら、PLC技術を応用した最大200Mbpsの同軸モデムを東横イン成田空港に納入 | RBB TODAY

住友電工ら、PLC技術を応用した最大200Mbpsの同軸モデムを東横イン成田空港に納入

ブロードバンド その他

テレビ共聴用同軸ケーブルモデム
  • テレビ共聴用同軸ケーブルモデム
  • ホテル向け同軸モデムのシステム構成イメージ
 住友電気工業と住友商事マシネックスは18日、高速PLC技術を応用したホテル向けインターネットサービス向け高速同軸モデム「ACLCシリーズ」を東急インより受注し、東横イン成田空港に納入した。

 ACLCシリーズは、既設のテレビ共聴用同軸ケーブルを用いて最大200Mbpsの高速ネットワーク環境の構築を可能とする高速同軸モデム。使用周波数帯域が4〜34MHzと低周波域なので、現行のアナログ、BS、CS放送、地上波デジタル放送サービスにも影響を与えないのが特徴だ。また、静岡県掛川市の「ヤマハリゾートつま恋」、宮崎県宮崎市の「青島パームビーチホテル」への納入も決定している。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top