NTTアイティ、ネット会議環境を出先で構築できる「ミーティングプラザ可搬PLCサーバー」発売 | RBB TODAY

NTTアイティ、ネット会議環境を出先で構築できる「ミーティングプラザ可搬PLCサーバー」発売

エンタープライズ ハードウェア

ノートPC型PLCサーバーと小型パッケージ型PLCサーバー
  • ノートPC型PLCサーバーと小型パッケージ型PLCサーバー
  • 仕様と価格
 NTTアイティは12月13日、ネット環境のない場所でもペーパーレス会議/講義が開催できる「ミーティングプラザ可搬PLCサーバー」を発表した。12月17日より販売を開始する。

 「ミーティングプラザ可搬PLCサーバー」は、ノートPCまたは小型パッケージ型サーバーに、PLC(PLC:PaperLess Conference)サーバーソフトウェアをインストールした製品。購入後、電源を入れるだけで、ネット環境のない場所でも、無線LANを利用したペーパーレス会議/講義が可能となる。ノートPC型は同時接続20名までの会議、小型パッケージ型は同時接続50名までの会議に適しているとのこと。

 サーバーは無線LANアクセスポイント機能を有しており、会議参加者はこの電波を捉え、PLCサーバーにログインして、会議資料を入手することができる。会議参加者は、QRコードやURLで簡単に会議資料を取得することが可能。会議資料は、参加者の会議端末へページ単位で画像として配信され、順次上書きされる。閲覧には汎用ブラウザを利用し、iPad/iPhone、Android、Windows PC、Mac等ほとんどの端末を会議端末として使用できる。

 PLCサーバーをイントラネットに設置すれば、社内の別々の場所で利用することが可能になる。同様にインターネットに公開すれば、世界中の多拠点から利用することもできる。ペーパーレス会議室のうち1会議室は、2拠点を接続するWeb会議としても利用できる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top