【産業交流展2011】東京都経営革新優秀賞を受賞した産業用高速DSLモデム……ハイテクインター | RBB TODAY

【産業交流展2011】東京都経営革新優秀賞を受賞した産業用高速DSLモデム……ハイテクインター

ブロードバンド 回線・サービス

東京都経営革新優秀賞表彰式の模様。最優秀賞はハイテクインターがを受賞
  • 東京都経営革新優秀賞表彰式の模様。最優秀賞はハイテクインターがを受賞
  • 同社のブース内にて、代表取締役 亘尾紀人氏。ABiLINXシリーズを用いて、IPカメラによる画像伝送のデモも実施
  • 新製品のリモート機能付きPoEモデム「NVF-2000SEJ/PD」。親機と子機で構成し、子機側にPoEで給電できる
 東京国際航空宇宙産業展 (ASET)に併設された「産業交流展」では、情報、環境、医療・福祉、機械・金属分野で活躍する中小企業の製品や技術が数多く紹介されていた。

 中日の27日には、東京都経営革新優秀賞表彰式が催された。これは、東京都が承認した中小企業の経営革新計画のうち、(計画残存期間が1年未満の企業を対象に)優れた経営成果を収めた企業に贈られる賞だ。今回、最優秀賞を受賞したのは、ハイテクインターの「自社製品開発による情報通信分野での新しい価値の創造」(平成19年10月〜平成23年9月までの4年計画)というテーマ。

 同社では従来から産業用高速DSLモデムの輸入販売を行ってきたが、「輸入だけでは水準の高い日本市場への機能・品質を満たせないと判断し、自社ブランドの商品開発に踏み切った」(同社 代表取締役 亘尾紀人氏)という。開発した製品は産業用高速DSLモデムの「ABiLINXシリーズ」。すでに官公庁や交通機関、プラント向けに2000台以上の実績がある。

 ABiLINXシリーズは、いわゆる構内用のDSLモデムで、工場・キャンパス内や鉄道・線路沿いの電話線やメタル線を用いてLAN回線を延長できるシステムだ。

 ATM(Asynchronous Transfer Mode:非同期転送モード)あるいはEFM(EFM: Eight to Fourteen Modulation)に対応しており、1ペア(2線、EFMモード)のとき、リンク速度が11Mbpsならば約900mほど延長、192kbpsならば約6.3kmの距離まで延長して通信できる(いずれもテスト環境下)。また複数の線を束ねることで、最大速度も比例して伸びる。たとえば1ペア(2線)では最大リンク速度は11Mbpsだが、4ペア(8線)ならば44Mbpsまでの高速化が可能。

 会場ブース内では、このABiLINXシリーズを用いて、IPカメラによる画像伝送のデモを実施していた。またABiLINXシリーズのほかにも、電話線からリモートで給電できる新製品のPoEモデム「NVF-2000SEJ/PD」も展示。こちらは1ペアの電話線を利用し、P2P構成(親機は最大600m、子機は最大100m)で、最大25Mbpsの通信を実現するモデムだ。PoEで電源を供給するため、電気がない場所で、子機側を設置できるというメリットがある。
《井上猛雄》

関連ニュース

特集

page top